外科

20代 男性医師

  • 現職
    職務内容 美容外科
    年収 2,200万円
    勤務形態 常勤
    勤務地 名古屋

転職理由(動機)

今度入局する病院は独り身ということもあり、人事異動による長期的な転勤などの引っ越しを余儀なくされるため転職を希望してます。

また、今いる先輩医師や教授をみて自分の将来貰える年収が見えてしまったこともあり、努力した分返ってくるような環境も求めていて、もともと手技が好きということもあり美容外科で色々な症例を経験することでスキルアップをしたいと思っています。

希望条件

・常勤で週5日勤務

・当直やオンコールが無い

・できれば勤務時間が19時まで

・年収1,400万以上

・院長職ではなく勤務医として働きたい

・教育環境が整っている

・運営母体がしっかりしている

ドクターコネクトを利用して転職するまでの流れや感じたこと

研修医として色々な科を回る中、美容外科は学生や研修医の頃には一回も触れずに終わることもある科で、施術や症例が全然わかりませんでした。

さらに、大学病院の先輩医師や知人からは「医師人生が終わるぞ」くらいに言われ、そのようなプレッシャーをかけられる中たしかに何も知らない状態で転職するのは相当リスキーだと思いました。

他社のエージェント数人と話したことがありましたが、ドクターコネクトと違った点はとても親身に話を聞いてくれて、中でも美容外科のデメリット含め、他では聞いたことがない話が聞けたのも大きなメリットになりました。

また、クリニック見学にも同行してくれて勤務医師や人事の方から聞きづらい話を聞けたことが転職の起点になったのは間違いないです。

転職して感じたこと

ほとんど残業もなく勤務時間通りに終わるのは嬉しいです。
大学病院では当直やオンコールが必ずあるため、携帯電話を気にしながらプライベートの時間を削ることになったと思いますが、美容外科クリニックに勤務し始めてからは心身ともに負担が軽くなりました。
あとは症例が自分にも回ってくるのでオペの機会も多くスキルアップを実感しています。

美容医療への転職に失敗した医師。その理由とは?
美容医療に転職した医師が失敗する理由

美容医療への医師転職は転科を伴うこともあり、転職失敗のリスクは高まります。

美容医療クリニックへの転職が結果的にうまく行かなかったと言う医師に、その理由を聞いたところ、次の3つが多く上がってきました。

おすすめの記事