健診の非常勤バイトを解雇され、医療脱毛の美容皮膚科へ
医師転職体験談 美容皮膚科/医療脱毛
美容皮膚科/医療脱毛

30代 女性医師

  • アルバイト
    職務内容 美容皮膚科/医療脱毛
    時給 9,000円
    勤務形態 非常勤
    勤務地 名古屋

転科・転職した理由(動機)

大学病院で勤務していたとき体調を崩し退局、療養後は非常勤で民間病院の内科と、掛け持ちで健診バイトなどをしており、勤務日数は民間病院の方にウエイトがありました。

昨年から勤務日数を減らされ、コロナ渦もあり求職するタイミングではないのではと考え悶々としていましたが、今年に入り民間病院を解雇されました。今後は常勤のみで運営していく経営方針に変わったとの事でした。

解雇の予感はあったのですが、数人の非常勤医師は雇用継続らしく、なぜ自分が…と落ち込みました。

以前、医療脱毛のスポットに入ったことがあり、しばらくは健診や献血のバイトと合わせて掛け持ちしようと紹介会社に相談しました。

希望条件

  • ・研修がある
  • ・週2~3日勤務
  • ・シフトの曜日(固定)を相談したい

転職から入職まで

すぐに医療脱毛専門の美容皮膚科クリニックを紹介してもらい、院内見学と面接を兼ねて伺いました。

エージェントが事前に勤務日数やシフトの曜日を交渉してくれていたので業務内容の説明がメインでしたが、美容医療はサービス業であること、接客マナーを身に付けカウンセリングをしっかり行うことなどのお話しもありました。

同じ市内の分院とローテーション勤務を条件に、こちらの条件を承諾していただいたので、入職を決めました。

担当エージェントから一言
非常勤医師の場合、待遇はクリニックによって常勤よりも多様です。交通費全額支給もあれば、掲示された給与に含まれている場合もありますので、必ず事前に確認することをおすすめいたします。

転職して気づかされたこと

美容クリニックはカウンセリングに時間をしっかり使いますが、施術は看護師が行うことが多いです。そのためチームワークが大切なのですが、今までの自分は、スタッフとの連携をスムーズにするためのコミュニケーションや気遣いが足りていなかったと痛感しています。

前職を解雇されたのは、こういったコミュニケーション不足や自分の方で「非常勤だから」と線引きしていたことが周囲に何となく伝わっていたのだと思います。複数のバイトを掛け持ちフリーランスとしてやっていくには、経験やスキルだけではなく、人柄も必要だと気付かされました。

健診や献血のバイトでは流れ作業のように業務をこなしていたのですが、今はやりがいが持てるようになりました。

先々は常勤で美容皮膚科への転職も考えています。今はサービス業としての医療を身に付け、非常勤であっても経営に寄り添う姿勢でいようと努力しています。

 

美容医療の医師転職で9割の方が院内見学を体験

医師転職・求人の美容クリニック院内見学
美容医療業界、自費診療へ転職を検討されている医師・研修医を対象とした、クリニック見学会のご案内です。

美容医療業界への転職は転科を伴うことも多く、またクリニックの個性も様々です。医師転職ドクターコネクトを利用される医師からは、入職後の不安や疑問が多く寄せられています。

医師転職を成功させるために、ぜひ院内見学をご利用ください。日程調整やお申し込み、見学当日のご案内・同行まで、医師転職コンシェルジュがフルサポートいたします。

おすすめの記事