外科

30代 男性医師

  • 現職
    職務内容 美容皮膚科
    年収 2,340万円
    勤務形態 常勤(開設医・管理医師)
    勤務地 東京 新宿

転職理由(動機)

医局人事への不満や、上司からの威圧が強いなど、医局と環境が合わず自分の立場に疑問を感じていました。

1年前に美容皮膚科へ転職した同僚の話を聞いたこともあり、自由診療でのキャリア再構築や年収アップも気になるようになりました。

ストレスで体調も優れず、家族や友人の後押しもあり美容皮膚科への転職を前向きに検討することにしました。

希望条件

座っているだけの業務には耐えられないと思い、外科同様に手技を活かせる施術があることと、待機時間が少ない美容皮膚科の希望を出しました。

また、できるだけ人間関係が良さそうな美容クリニックを希望しました。

ドクターコネクトを利用して転職するまでの流れや感じたこと

最初に依頼した紹介会社に希望条件と離れた美容外科クリニックを紹介され、再度紹介会社を探していたところドクターコネクトを知りました。LINEでエージェントと気軽に連絡が取れるのが良かったです。

登録からヒアリング、面談までのスピード、案件の紹介も早くて期待通りでした。面接・内定・入職後のフォローも手厚くしていただきましたので、ドクターコネクトに依頼してよかったです。

転職して感じたこと

外科から美容皮膚科へ転職し、責任とクリニックを支える現場スタッフの大切さに気付きました。

また、事務長さんとの距離感や経営者との意見交換といったところで、今後に活かせる社会的・経営的スキルが身についてきています。

もともと外科だったこともあって、まだ美容外科か美容皮膚科で将来の方向性は迷ってはいますが、エージェントに相談しながら3年5年のプランでキャリアアップを考えています。

美容医療への転職に失敗した医師。その理由とは?
美容医療に転職した医師が失敗する理由

美容医療への医師転職は転科を伴うこともあり、転職失敗のリスクは高まります。

美容医療クリニックへの転職が結果的にうまく行かなかったと言う医師に、その理由を聞いたところ、次の3つが多く上がってきました。

おすすめの記事