放射線科 検診医

40代 女性医師

  • 現職
    職務内容 美容皮膚科
    年収 2,200万円
    勤務形態 常勤
    勤務地 埼玉

転職理由(動機)

当初は小さい子供が2人いることもあり、病気などや行事の対応でお休みが取りやすい非常勤で勤務していました。

しかし業務依頼があった場合のスポット勤務であったため、収入や福利厚生の面で不安がありました。

また、勤務地は一か所ではなく東京から埼玉、千葉、茨城など関東全域で、長距離通勤の日もあり、年齢的にもこのまま続けていくのが難しいと思いました。

これから子供の養育費もかかるため、一念発起し常勤への転職活動を始めました。

希望条件

・常勤で週5日勤務

・自宅から通勤60分以内

・年収1200万以上

・臨床経験が少なくても勤務できるクリニック

・オペや注入など難しい手技が無い業務内容

ドクターコネクトを利用して転職するまでの流れや感じたこと

医師になってからは育児との両立を図るため、主に検診の仕事をやり続けてきた結果、気づけば臨床経験がほとんどありませんでした。

今の年齢や持っている経験だけで、新たに美容医療に入っていけるものなのかとても不安があり、ずっと一人で悩んでいました。

初めてエージェントの方とお話しした時にまず感じたのは、私にもわかりやすく一から丁寧に教えて下さったことです。他社のエージェントは私の年齢と経験をネックと判断したのか、事務的に求人を提供してくれるだけで、クリニックの体制やスタッフのことまでは詳しくないのか教えてくれませんでした。

待遇よりも研修態勢がしっかりしている医療機関を希望していたので、運営母体や運営状況を聞くことで不安がなくなり、気持ちも楽になりました。

また、事務長や院長などスタッフの人柄も詳しく教えてくれて、クリニックとの関係や本当にクリニック状況をしっかり把握されているのだと思いました。全く未経験の私でも勤務状況が想像できましたから。

不安を解消してから後押ししてくれ、希望する勤務条件に合致する数院を提案されたので、忙しい合間を縫っての転職活動でしたがスムーズに進められました。

転職して感じたこと

100%に近い希望どおりの転職でした。

入職後、全体オリエンテーリングと接遇講座、部門研修などの全体研修でとても内容の濃いスタートができ、既知のことでも目からウロコの話がたくさんありました。

考えてみれば、あれほどきちんとした研修があったのは医師人生で初めてだったかもしれないほど研修体制が整っていると実感しました。

それだけではなく、嬉しいことにスタッフの雰囲気が良く、これからの勤務もますます楽しみにもなりました。

求人サイトやエージェント選びはとても重要なのだと実感しましたし、エージェントに会ってみて人によってこんなにも差があるのだと知りました。

美容医療への転職に失敗した医師。その理由とは?
美容医療に転職した医師が失敗する理由

美容医療への医師転職は転科を伴うこともあり、転職失敗のリスクは高まります。

美容医療クリニックへの転職が結果的にうまく行かなかったと言う医師に、その理由を聞いたところ、次の3つが多く上がってきました。

おすすめの記事