美容医療への医師転職は専門のエージェントを選ぶべき理由

美容医療へ転職する医師の9割が未経験です。業界の特色を知るために転職情報収集と戦略が不可欠です。

そこで転職エージェントを活用される医師が多くいらっしゃいます。エージェントに相談することでご自身の考えが整理できたり、転職準備がスムーズに進んだりと、様々なメリットがあります。

では、その転職エージェントはどのように選び、何をもって良し悪しを判断すればよいのでしょうか。この記事では、転職エージェントから受けられるサポート内容、選び方、適任のエージェントであるかのチェックポイントまでご紹介いたします。

考えていたより、時間と手間を費やす「転職のプロセス」

「医局を辞めて転職したい」「美容医療にチャレンジしたい」、そんな気持ちになっても、いざ自分の転職を検討するとなると何から着手したらいいのか、多くの医師が戸惑うようです。医師専門の転職サイトで求人検索し、自分が望む条件に合った求人に応募して面接を申し込む、というプロセスで転職に成功する医師は、実はレアケースと言っていいでしょう。

医師が転職を考える際に重要なのは、まず下記の3つです。

  • キャリアプランの設計
  • 転職で重視するポイントの明確化
  • 候補となるクリニックの情報収集

この3つの作業は、これまで医学部から医局の流れに沿ってキャリア形成してきた医師、毎日忙しく勤務する医師にとって、片手間に簡単にできる作業ではありません。

しかも、転職先の候補が決まった後も続く、

  • 職務経歴書など必要な書類作成
  • 面接の日時設定
  • 給与などの条件交渉

というような一連のプロセスは、時間や手間を要し、仕事を続けながらこなすには案外ストレスが大きいものです。つい先延ばしにしてしまうような面倒な作業もあります。

これらの作業のサポートを依頼できるのが、転職エ-ジェントです。「自分のことだから、自分でやったほうが気楽だし確実」と思う方もいるかもしれません。しかし、これらの作業は転職のプロを上手く利用しながら進めた方が、忙しい医師にとって効率的ですし、転職成功率も高くなるのです。

しかし、転職が初めての方は、エージェントの必要性に疑問を抱く方がいるかもしれません。また、エージェントを利用することで採用側に費用が発生するため、心証が悪くなるのではと思う方も少なくありませんが、クリニックから紹介会社へ求人依頼をしているので、そのようなことはありません。

では、エージェントを利用するメリットと選び方についてご紹介します。

なぜ転職活動にサポートが必要なのか

求人検索、条件に合うクリニックの選択、応募、面接。転職活動でやるべきことを並べると、すべて自力でできることではあります。しかし、実際に始めてみると、クリニックや求人を絞り込むだけで想像以上に時間がかかることがわかるでしょう。

自力で転職活動を進めるのが大変なのは、なぜでしょうか。主な理由は3つです。

1. 美容医療業界についての予備知識がないこと

実際に担当するであろう治療の内容の最新情報、それに見合う年収や労働時間、エリアによって異なるニーズや売上など、知識に乏しい状態で転職先を決めることになってしまいます。

医局や保険診療から美容医療へ転職する場合は、勝手が違うため戸惑う医師もいますので、予備知識は必須です。

2. 美容医療クリニックの内情

医療事故が起こらないよう努めている優良クリニックなのか、経営が安定しているクリニックであるか、インターネットの情報だけでは信憑性に欠けます。

これは美容医療業界のご経験がある医師でも判断が難しいでしょう。なぜなら、美容クリニックは競合である同業者に情報を渡すことをしないからです。

情報を押さえるノウハウがなければ大事な点を見逃す可能性があります。

3. 自分自身を評価するのは難しい

面接で訊かれる「あなたの強みは?」という質問などに対して、的確に答えられるよう事前に準備します。日本人は知性が高い方、専門分野を生業とする方に奥ゆかしい方が多く、特に医師は知性と専門性を併せ持つため面接でのアピールが足りないことがあります。

転職エージェントを使う最大のメリットは、多くの面接に立ち会ってきた経験から、どのような返答が評価されるのかを熟知しており、履歴書の志望動機から面接の受け答えまで、レクチャーしてもらえるということです。

頼れるエージェント選びのポイント

1. 専門であること

大前提として、美容医療クリニックの転職を検討するのであれば、美容医療専門のエージェントを選ぶことをおすすめします。

医師専門の人材サービスの中には、民間の病院の求人と一緒に美容医療の情報も掲載しているところもありますが、医療業界と美容医療業界は見るべきポイントが異なり、専門のエージェントのほうが多くのクリニックの求人の情報を持っています。

美容医療業界の市場は成長していますが、クリニックの経営力にはさまざまな評価がされています。個々のクリニックの情報を的確に押さえているのは、専門のエージェントです。

2. 美容医療業界における入職実績

美容医療に限らず、転職でエージェントを使う時のポイントのひとつに、エージェントの経験と実績があります。美容医療業界で長く活躍しているキャリアアドバイザーは、転職を成功させた経験が豊富で、個々のクリニックの最新情報を手に入れるルートを持っています。

エージェントを選択する際には、これまでの業績を含めた会社情報、そして、転職に関する情報コンテンツの質と量をチェックしてください。美容医療の業界情報や、クリニックの経営者インタビューなどが充実しているエージェントは、情報をしっかり押さえており、クリニックとのリレーションも良好だと考えていいでしょう。

3. 美容医療の求人数

美容医療専門の転職エージェントの魅力は、総合型の医療求人エージェントよりも多様な求人があることです。持っている求人の情報が多ければ、希望に合う条件の紹介を依頼できる可能性が高くなります。求人が多いということは、関係を構築しているクリニックの数も多く、それぞれの採用方針や募集内容についてもしっかり把握しているということになります。

専門エージェントは、クリニックから掲載しないでほしいといわれている「非公開求人」を数多く保有しています。クリニックからエージェントに相談されるこれらの非公開情報は、エージェントを使う大きな理由のひとつになっています。

4. キャリアアドバイザーとの相性

医師といえども人ですので、担当のキャリアアドバイザーとの相性が重要です。 キャリアアドバイザーとの相性とは、実際にやりとりをしてみないとわからないものです。

  • 連絡など、迅速に対応してくれているか
  • カウンセリング時の説明に納得できるか
  • こちらの意向を丁寧に聞き、質問や不安な点にきちんと回答しているか
  • 良いことばかりではなく、懸念点もはっきり伝えてくれるか
  • 条件に合う求人の提示があったか
  • やりとりを通じて、やるべきことを先回りして示してくれるか

このような基準で、エージェントとの相性、その手腕を評価すると良いでしょう。

美容医療業界全体に対する知見やアドバイスに信頼感があり、自分のニーズをふまえた個別のアドバイスがあれば、信頼できる良いエージェントと言えます。一般論に終始したり、質問に対する回答が遅い・曖昧な回答をするキャリアアドバイザーは避けたほうが良いでしょう。

美容医療専門の転職エージェントをお探しなら

医療業界の求人を取り扱うエージェントは数多く存在しますが、美容・自由診療に特化している企業は多くはありません。美容外科、美容皮膚科・医療脱毛、AGAのクリニックをご検討であれば、美容医療専門の医師転職ドクターコネクトをご活用ください。

美容医療業界における実績17年のドクターコネクトは、多数の優良クリニックとのネットワークが強みです。マッチング度の高さからクリニックと医師の双方にご満足いただいています。ドクターコネクトのサイトに掲載されている求人は、クリニックからお預かりしている求人の一部です。登録いただいた方には、ご希望や条件に合った非公開求人も併せてご紹介いたします。

サイト上の美容医療求人に対して問い合わせいただくか、LINEから転職相談をしていただければ、美容医療業界専門のキャリアアドバイザーが全国対応いたします。転職活動のトータルサポートはもちろん、キャリア相談や入職後のフォローも行っているので、知りたいことや困っていることがあれば、お気軽にご相談ください。

もう一つの見逃せないポイント

  1. キャリアプランの設計
  2. 転職で重視するポイントを明確にすること
  3. 候補となるクリニックについて情報を集めること
  4. 職務経歴書など必要な書類作成
  5. 面接の日時設定
  6. 給与などの条件交渉

1から6までのサポートに加えて、ドクターコネクトのキャリアアドバイザーは、入職後のフォローも大切な仕事と考えています。

予約制のサービスが主流となっている美容医療業界は、医局や民間の病院とは働き方が異なり、未経験からでも高収入を目指せます。ただし、転職先候補となるクリニックに関する情報をもとに、志望動機や目指すキャリアを伝えられなければ、面接を通過することはできません。

美容医療業界に転職する医師にとって大事なエージェント選び。転職の際に重視するポイントはそれぞれですが、美容医療クリニックへの転職を検討されるときには、「信頼できる」と思えるキャリアアドバイザーを選び、転職そのものだけでなくキャリアを成功させるために、ぜひご活用ください。

採用面接で合格する医師、不合格の医師の違い

採用面接で合格する医師、不合格の医師の違い

この数年、美容医療業界は医師の採用と離職防止に努め、その結果、応募者の多い人気エリアは徐々に医師が充足しつつあり、採用基準も高くなってきています。10人面接して1~2人しか採用しない大手クリニックも出てきています。

採用になった医師は何が評価されたのか、不採用になってしまった医師は何が足りなかったのか。

それは経歴などではなく、美容クリニックの経営理念を理解しているか患者さんをお客様として接することができるか美容医療を志す意思をしっかり持っているか、などです。

ドクターコネクトは業界実績17年、数多くの医師転職をサポートし採用面接に同席してきました。ただ求人をご提案するのではなく、「採用面接で合格する」ことを重要課題として取り組んでおります。ご入職後のアフターフォローもしっかり行い、PDCAサイクルを繰り返すことで得た長年のノウハウがございます。

内定率をより高めるために、ぜひ医師転職支援サービスをご活用ください。

おすすめの記事