美容未経験の医師に大手美容クリニックを薦める理由

美容医療へ転職する医師の9割以上が未経験、つまり転科されています。もちろん即戦力の美容医療経験者の募集は常にあり経験者は歓迎されますが、現状を踏まえ美容の医師育成に積極的なクリニックが多く、未経験・転科の医師も入職しやすい科目です。

ドクターコネクトをご利用された先生の多くも未経験であり、大手美容クリニックを中心にご提案することが多いです。その理由について長年、医師転職支援に従事しているエージェントに改めて聞いてみました。

良い面だけではなく、医師によっては大手ならではの先々行き当たるであろう懸念もありますので、回避策を交えご紹介いたします。

研修体制が別格で新卒採用も積極的

研修体制が業界トップクラスといわれる湘南美容クリニックの合宿は、ドクターコネクトでも同行取材し、当サイトで記事としてご紹介しております。

新卒の医師を積極的に採用できるのは、受け入れる充実した研修体制があり、医師育成チームが在籍しているからです。ここまで研修体制に投資するクリニックは少ないでしょう。

優秀な医師でも教育が得意とは限りませんし、人によって言うことや解釈が異なってしまうこともあります。そこで専任の医師育成チームが全国を周り、クリニック全体で技術や手法などを統一させることにも余念がありません。大手美容クリニックでは医師同士のコミュニティシステムがあり、情報共有や、疑問点を投稿しアドバイスをもらうなど、サポート体制が整っています。

このように、研修体制が医局並みに充実しており、また医師個人に様々な形で後々プラスになることがありますので、未経験の先生には大手美容クリニックをお薦めしています。後々プラスに作用することについては、6章「大手美容クリニックの最大のメリット」でご説明いたします。

医師求人PICKUP!
ドクターコネクトへ特にお問い合せの多い湘南美容クリニックの医師求人。只今、人気のエリアである関東での募集がございます。
SBC湘南美容クリニック 関東エリア医師求人

別院へ出張し経験を積むことも可能

美容医療ではエリアによって患者様の要望も異なります。例えば二重のオペをやりたいが在籍する分院では予約が少ない場合、別院に入った予約を出張し担当することが可能です。

そのため、全国展開する大手であれば、受け身で待たなくても経験を積むことができ、スキルアップが格段に早まります。

参考記事「僕がやりたい症例が入った遠方の分院に出張を多く入れてもらった」

設備が充実、看護師だけではなく接客スタッフも充実

資金力があるので、最新の設備と客層に合わせ内装も美しく整えられています。そういった環境に日々身を置くと、美意識も自然と高まります。

医療脱毛などの施術を看護師が行うので、美容医療では看護師の裁量が大きいです。受付やカウンセラーはしっかりと接客マナーを教育されていますので、こうしたスタッフが揃った環境で医師は業務に集中することができます。

美容クリニックのスタッフはアシストだけではなく営業力に優れた方が多く、患者様に施術を勧め契約をまとめます。スタッフにもインセンティブ制度が設けられており、優秀なスタッフは売り上げに大きく貢献します。

余談ですが、美容クリニックの看護師やスタッフに美しい方が多いのは、プロモーションも兼ねているからです。

そのため、クリニック側もスタッフにも手厚く、アシスタントではなくチームの一員であるとしています。共にクリニックを支えるスタッフと良い関係を築くことは、医師にプラスになることばかりです。

福利厚生が整っている

社会保険をはじめとした一般的な福利厚生に何かがプラスされていることが多いです。残業手当、休暇の消化率が高く希望休も申請できる、時短勤務、退職金制度などクリニックによって異なります。

エージェントからコメント
採用面接で給与や福利厚生について具体的な質問は、控えられた方がよいかと思います。私たちエージェントが事前確認し、交渉いたします。

症例数が多くスキルアップが早い

通常規模の美容クリニック 大手美容クリニック
二重まぶた 0~1件 / 1日 1~5件 / 1日
注入系 1~5件 / 1日 10~30件 / 1日

年間の施術数に大きな差が出るは一目瞭然です。この数字は平均的なもので、人気のある医師、向上心の強い医師はそれ以上のオペをこなす日もあるようです。

個人差はありますが経験数=経験値ですので、スキルアップが早くなるのも納得です。それが評価として給与に反映されていくことが、保険診療との大きな違いではないでしょうか。

美容医療業界で勝ち抜くノウハウが身に付く

集客するためのプロモーション

美容医療で有名な医師は「プロモーション」に長けています。自身が手掛けた症例写真のbefore,afterをSNSに公開し(患者様の承諾を得ています。)、その媒体の拡散力を利用しています。実際に美容整形を検討していて、SNSの症例画像を参考にする患者様も多く、そこから最新の情報を得ようとしています。

大手美容クリニックに在籍した場合、ネームバリューがSNS上の拡散力を後押ししてくれるので、プロモーションが成功しやすくなります。保険診療ではこのようなことはしませんし抵抗があるかもしれませんが、美容では多くの医師が業務の一環と捉えています。

未経験者にとってはお手本が無数にあるわけですから、まずは先輩医師の手法を真似るだけ、慣れたら徐々にご自身のアイディアを盛り込んでいくだけです。SNSは「投稿者を身近に感じられる効果」を見る者に与える媒体ですので、そこを意識されてコメントを入れてみてはいかがでしょうか。

医師を身近に感じることで、「この先生に相談してみたい、話しやすそう」と閲覧者に感じてもらうことが大切です。

最新医療の導入が早い

美容医療で使われる医療機器は、保険診療に比べれば規模も小さく高額ではありませんが、メニューごとに揃えることになります。美容皮膚科の注入系は注射器ですが、使用する製剤の仕入れ値は高額です。

大手美容クリニックは最新の医療を積極的に検討し導入しています。また、独自の再生医療ラボを持つなど、差別化を図る努力もされています。そのような環境下であれば多様な症例に対応できるので、美容医療の医師として経験の幅が広がります。

経営が安定している

某大手美容クリニックはグループ全体で年間10億円をインターネット広告の予算に充てているそうです。一般企業を含めれば突出している広告費ではありませんが、医療業界においては自由診療ならではの金額であり、これだけの広告費を投入できるパワーがあるということです。そして、広告で一番金額の高い媒体はテレビCMです。ゴールデンタイムにテレビCMを流しているクリニックはまず大手だと思ってよいでしょう。

この集客力があるからこそ、未経験の医師も早い段階で多くの症例に関わることが可能になりますし、バックグラウンドが安定しているからこそ、業務に集中できます。

もちろん通常規模のクリニックでも、少数精鋭の医師が大きな利益を上げているところはあります。このようなクリニックは医師の経験値が高く裁量も大きく、未経験の医師には厳しい環境ですので、お薦めしていません。

大手ならではのマイナス点

キャリアアップはライバルが多い?

医師の人数が多いので、当然キャリアアップの候補者も多くなります。しかしこれは、大学病院や民間病院も同じです。

ただ大きく異なるのは、美容医療業界では実力が給与に反映されるインセンティブ制度を設けているところが多いことです。管理医師にならずとも、給与をアップさせることは可能です。

院長を目指すのであれば、都心や人気エリアにこだわらず、地方都市に目を向けてみてはいかがでしょうか。

エージェントからコメント
ドクターコネクトでご案内している医師求人の多くは、インセンティブ制度を設けているクリニックですが、ノルマを課しているところはありません。インセンティブ制度については、クリニックによって仕組みが異なります。

数をこなさなければならない?

大手美容クリニックは美容医療機器や製剤を大量に購入するため、仕入れ値を安くできる独自の流通を確保しています。その分、市場より安価で美容医療を提供することができます。したがって、医師の一日あたりのオペ数は通常規模のクリニックよりも多くなります。

流れ作業のように数をこなさなければならないと心配される先生もいらっしゃいます。しかしこれもまた、保険診療も同じです。とはいえ、美容クリニックは完全予約制で、無理なスケジュールは組みませんし、施術時間よりもカウンセリングの時間を多く取ります。そのため人気の医師は予約から半年待ちになることもあります。

また、クリニックは医師が疲弊しないよう、また事故が起きないように、しっかり休日を取得できる勤務体制を整えています。美容医療は日勤で、当直・オンコールが皆無ですし、予約制なので残業もほとんどありません。大手の方が医師の人数が多く欠員をフォローできるので希望休が認められたりと、休日は取得しやすくなります。

一人一人の患者様としっかり向き合い、安全で丁寧な施術を提供することを理念とする大手美容クリニックもあります。ご自身の特性に合う経営方針のクリニックを選ぶことが大切です。

大手美容クリニックの最大のメリット

医師の離職防止に努めている大手美容クリニックは、年々離職率を低下させています。

しかし中には独立開業する先生や、他のクリニックへ転職される先生もいらっしゃいます。転職される場合、大手美容クリニックで経験を積んだことは高く評価されます。

  • しっかりとした研修を受けている
  • 多くの症例と数を手掛けている
  • プロモーションやリピーター獲得に抵抗がない
  • 経営に寄り添う姿勢ができている

いわば「ブランド」のような扱いで、即戦力として申し分のない歓迎要素となります。厚待遇の大手美容クリニックを退職する医師は少なく、希少性も伴います。

また、開業し成功されている先生のご経歴を拝見すると、大手美容クリニック出身者が多くいらっしゃいます。大きなフィールドで努力され、ご自身が本当にやりたいことを実現した先生方のインタビュー記事も、是非ご一読ください。

「業界のスペシャリストに訊く」インタビュー一覧へ

大手美容クリニックで多様な経験をすることは、ご自身が本当にやりたいことや、得意な手技が早く見つかるのではないでしょうか。医師のキャリアを考えれば、選択肢を広げることのできる最高の環境といえます。

また、多くの医師と切磋琢磨し、優秀な先輩医師から刺激を受けるのも、特に若い医師にとって貴重な体験になることでしょう。

いつでも、いつまでもご相談ください

ドクターコネクトでは、ご入職後もヒアリングし、問題はないかお伺いしております。ヒアリングの際に何もなかったとしても後々お困りになった際は、お気軽にご連絡ください。

今回は大手美容クリニックを中心にご紹介いたしましたが、通常規模の優良クリニックも多くございます。特に非常勤(アルバイト)でお勤めになる場合は、通常規模のクリニックの方が良い場合もございます。

常勤・非常勤に関わらず、美容という科目にご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽にご相談ください。

採用面接で合格する医師、不合格の医師の違い

採用面接で合格する医師、不合格の医師の違い

この数年、美容医療業界は医師の採用と離職防止に努め、その結果、応募者の多い人気エリアは徐々に医師が充足しつつあり、採用基準も高くなってきています。10人面接して1~2人しか採用しない大手クリニックも出てきています。

採用になった医師は何が評価されたのか、不採用になってしまった医師は何が足りなかったのか。

それは経歴などではなく、美容クリニックの経営理念を理解しているか患者さんをお客様として接することができるか美容医療を志す意思をしっかり持っているか、などです。

ドクターコネクトは業界実績17年、数多くの医師転職をサポートし採用面接に同席してきました。ただ求人をご提案するのではなく、「採用面接で合格する」ことを重要課題として取り組んでおります。ご入職後のアフターフォローもしっかり行い、PDCAサイクルを繰り返すことで得た長年のノウハウがございます。

内定率をより高めるために、ぜひ医師転職支援サービスをご活用ください。

おすすめの記事