医師が転職をする理由

医師が転職する理由は様々です。
中でも多いのが「労働時間」「給与」「人間関係」「医局制度」などとなっています。
このコラムではその主な理由をそれぞれ細かく見ていこうと思います。

過酷な勤務医の労働時間

勤務医は残業や当直は当たり前で、その3分の1が過労死ラインと言われている、月80時間以上の残業を余儀なくされています。
また当直に関しても、医師なのに肉体労働と言われているくらい過酷な勤務内容となっています。
残業と当直に関しては、詳しいコラムがありますので、そちらをご覧になって下さい。

参考:医師はいつ過労死してもおかしくない
参考:当直医という肉体労働から逃れるためには?

もうこんな激務には耐えられない。そう考える医師の方が多いのもうなずけます。

そこまで多くない勤務医の給与

医師に対する世間一般のイメージと言えば高収入です。
中でも美容医療の業界は、各コラムでもお伝えしている通り間違いなく高収入です。
しかし一般の勤務医となると少し話が違ってきます。
民間病院であれば平均1200万円くらいですが、大学病院や国立病院になると800~1000万くらいの平均となります。

一方、サラリーマンでも稼いでいる人は稼いでいます。

参考:最新!「平均年収が高い会社」ランキング300(東洋経済ONLINE)

参考記事にあるように、有名なキーエンスを始め、平均年収が公開されている1113社の内、41社が平均年収1000万以上を超えています。
そう考えると開業医はともかく、一般の勤務医では稼いでいるサラリーマンと同じくらいということが言えると思います。

一般企業より難しい医師の人間関係

人間関係に悩むのは医師もサラリーマンも同じです。
特に医師の場合は人間関係がこじれてしまうと、治療をスムーズに行うことが難しくなり、患者さんに影響が出ることも考えられます。

医師だけでなく看護師との関係もあるばかりか、パワハラの問題も増えてきており、より人間関係は難しくなってきています。

参考:パワハラは医師の間でも起こる。どのような行為がパワハラに該当するのか?

医師特有の医局制度

かの有名なドラマ「白い巨塔」のように、医局というと一般的にはドロドロしたイメージがあります。
さすがに今はそこまでではないですが、医局というシステムは未だ存在しています。
特に教授には、三権分立の日本の中で、立法・行政・司法の三権が集中しています。
教授の機嫌を損ねようものなら、その医局での出世の道は閉ざされたと言っても過言ではないでしょう。

そのような医局ですから、辞めたいと思っても、辞める際には一般企業以上に注意が必要です。
詳しくは次のコラムをご覧下さい。

参考:医師が円満に医局を辞めるためには?

転職をお考えの医師の方へ

以上のように下記4つが医師が転職をする際の主な理由になります。

  • 労働時間
  • 給与
  • 人間関係
  • 医局制度

理由は色々あれど、やはり医師が転職をするのはなかなか難しいものです。

当社の転職支援サービスでは、担当エージェントが退職から転職までサポートさせていただきます。
無料ですのでぜひご活用いただければと思います。

おすすめの記事