医師が円満に医局を辞めるためには?

どの仕事でもそうですが、入るときよりも辞めるときの方が難しいものです。
しかしサラリーマンが会社を辞めること以上に、医師が医局を辞めるということは大変なことです。
狭い医療業界ですから、下手な辞め方をしようものなら、その地域で働くことが難しくなったり、転職後の仕事に影響が出る可能性もあります。

「縛られた医局から出て働きたい」「当直などをせず、もっと自由に働きたい」など医局を辞めたいとお悩みの医師の方に、医局を辞める際にはどのようなことに気を付ければ良いかをご紹介します。

医局を辞める話し合い

まずは退局する話をいきなり教授に伝えるのではなく、医局長などの上司としっかりと話し合いをすることが大事です。
上司と相談し、どのように教授に伝えるか、どのように辞めるかなどを上司と相談するようにしましょう。

医局を辞める時期

辞める際には時期も大事です。
来年度の人事が決まる前に退職の申し出はしておき、忙しい時期は避けるようにします。
少なくとも半年、できれば1年くらい前から辞める申し出はしておきたいものです。
また、向こうが辞める時期を提案してきた場合には、できる限りその指示に従うようにしましょう。

医局の影響力が強い医師の業界では、一般企業以上に逆らっても良いことはありません。
こちら側も譲歩しつつ辞める時期を決めていくことが肝心です。

医局を辞める話は漏らさない

上司と退局の話が進んでいくと、ついつい油断して同僚の医師や看護師に話しがちです。
そういうところから話がこじれたりもするので、上司など限られた人間以外には、医師を辞める話はしないようにしましょう。

医局を円満に辞めるために

  • しっかりとした話し合い
  • 時期とタイミング
  • 話は漏らさない

まとめると辞める際に大事なのは上記の3点になります。
「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、日本人は仕事を辞める際に特に気を使います。

円満に辞めることができれば、次の職場に対するモチベーションも上がりますが、逆に嫌な辞め方をしてしまうと、また同じような辞め方をすることになったりします。

医局をなかなか辞められないときは

このような話をしましたが、他の職種同様になかなか辞めさせてくれない場合も多いと思います。
特に医療業界の場合は辞めるのも難しい上に、辞め方を1つ間違えてしまうと転職先にまで影響が出てしまうことも少なくありません。

当社の転職支援サービスをご利用いただければ、辞める際のアドバイスやご相談に乗ることが可能です。
辞めたいけど辞められない、辞める勇気がない、そんな医師の方はぜひ無料相談をご活用下さい。

おすすめの記事