キャリアアップは医局が全てではない

現状、大学の医局に留まる医師が大半を占めています。

「このまま医局に居続けていいのだろうか?」
「別の道でキャリアを積んでいく方がいいのではないか」

医局にいるうち、このような疑問が浮かんできた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事は、医局に所属し続けるか迷った時にひとつの参考としてお役立てください。

医局に所属することでの悩み

医局で勤務するうち、どうしても出てくる悩みがありますよね。
医局に勤務する医師に、よく相談いただくお悩みをご紹介いたします。

勤務の負担が大きい

勤務の負担が大きい大学での医局では早朝に出勤した後、通常の診療業務に加えて研究や論文執筆などをしなければいけないところが多いです。さらに急患があった日には、いつのまにか日付が変わっていたということもしばしばあります。

このように日々多忙で体調を崩したり、プライベートな時間が確保できず精神的にも疲弊したりする方もいらっしゃいます。

給与・待遇面が厳しい

医師といえば高収入の印象がありますが、大学病院は意外と給与が低いことも悩みとしてあげられます。

最近では1000万円以下になっており、しかも同じような働きを民間病院でした場合は、年収1500万円〜2000万円程度得られるところもあります。一般の職種からしてみれば高く見えるかもしれませんが、勤務内容と比べると薄給と言わざるを得ません。

将来的に結婚などライフスタイルの変化を見通すと、不満として大きくなってしまいます。

人間関係・パワハラ

人間関係・パワハラこちらも多く相談を受ける悩みです。

医師が看護師に対してパワハラをする、というのはよく聞きますが、医師同士のパワハラも存在するのです。医局は縦社会ですし、都内の大学病院ですと組織として大きいところからパワハラも起きやすくなってきます。

ただでさえ多忙なところに、人間関係のストレスを抱えると業務の連携も取りにくくなってしまいます。

将来性の不安

長年医局に勤務し、医局に所属し続けることで出世が確定するわけではありません。技術や経験だけでは報われない部分も少なからずあります。勤務形態も多忙で、若いうちはよくても将来的に今の状況を続けられる不安も出てきます。

医局に所属し続けるか?キャリアチェンジするか?悩みを抱えた時の判断基準

先述のような悩みを抱えた時に、所属し続ければいいのか、別の道を探せばいいのか非常に迷います。この後、どのように考えていくといいか判断基準のポイントをご紹介いたします。

自分の目標を明確にして優先順位を決める

自分の目標を明確にして優先順位を決めるまず最終的にどのような役職につきたいか、何をできるようになっていたいかなどの目標をきちんと決めましょう。

そこから、目標を達成するためにはどう動けばいいかを考え、希望の優先順位を決めます。将来的に院長になりたいから、そのためのスキルを身に付けたい・この資格が欲しい・綺麗な病院に勤務したい・この先生がいる病院に勤務したい・収入はこれくらい欲しい…など、目標を達成するにあたって数々の希望が出てきます。
もちろんそれらを全て満たせる環境が準備できればいいのですが、なかなかそうはいきません。そうなった場合、希望の優先順位を決めていきましょう。

優先順位に沿って考えていけば、現状自分が医局に所属した方がいいのか、別の道を選択するか検討しやすくなるでしょう。

他の選択肢を視野に入れる

他の選択肢を視野に入れる大学からそのまま医局へ行ってしまうと、医局の中と医局に近い箇所しか見ず、そこで完結させてしまいがちになります。ですが、医局の中と外、それぞれどのような選択肢があるかしっかりと情報収集をし、確認することが重要です。

医局の中でも非常勤で勤務するなど、勤務の仕方によっては楽になります。医局かそれ以外か、完全に二者択一にしなくとも自分の目標を達成できる選択肢は数多くあります。

また、美容医療業界など別の科目に転科する道もあります。美容医療業界は高収入とプライベートを両立することが可能ですので、詳細を確認したい方はこちらの記事をご覧ください。美容外科への美容・自由診療に特化した医師転職ガイド

悩んだ時はエージェントに相談

個人で情報収集をしていくのにも限界があります。医局で話を聞く、クリニックの医師に話しを聞く、など以外にもエージェントに相談することも1つの方法です。
そこでしかわからなかった情報を聞くこともできますし、転職のコンサルタントを受けて有利に転職を進めることができます。

まずはLINEで気軽に相談!

ドクターコネクトでは、直接お問い合わせいただく以外にもLINEでお気軽に相談していただくことが可能です。
忙しくて時間がない方、まだ転職すると決めたわけではないけど、参考のために話を聞いておきたい方などはぜひご利用ください。

悩み続けるより先に、まずは将来に向けて行動を始めてみましょう。

まとめ

勤怠状況・収入・将来の不安などこのまま医局に所属し続けるか、別のキャリアプランの道を選択するか悩む点は多くあります。
しかし、キャリアアップするには医局だけが全てではありません。エージェントを利用しつつ、様々な可能性を調べて視野を広げていくことが重要です。

おすすめの記事