求人検索
お役立ち記事

自由診療・美容外科への医師転職ガイド


戻る 2019/07/07 公開 | 2022/03/10 更新

ドクターコネクトは美容医療・自由診療に特化し、医師専門の転職支援を行っております。
今回は美容医療の中心である「美容外科」についてご理解を深めていただきたくご説明していきます。

美容外科での医師の年収は年々上昇し、やはり高収入は魅力的であり、お問い合せを多くいただきます。
美容医療へチャレンジする医師へ優良クリニックで勤務していただきたく「美容外科クリニック転職で大切な事」をまとめました。

医師ご自身の希望や個性、年齢や経験によって、大手美容クリニックへご案内する方もいれば、小規模美容外科クリニックへご案内する場合もあります。
気持ちよく勤務できる環境や3年後・5年後のキャリアプランを共有するため、我々も真剣に選定しています。

現在の美容外科クリニック

私たちは毎週多くの美容外科クリニックに訪問し、人事担当者様との打合わせをします。良い運営状態の美容外科クリニック、低迷気味のクリニックなど様々です。

現在の美容外科クリニックで成功しているモデルは、美容外科の各施術や医師の技術に対する方針・指針が細分化されており、現場の医師・看護師・スタッフ全員の意識が高く丁寧に対応しています。
インターネットが普及した現在だから美容外科でのオペの技術・医師の人間性をお客様は重視します。

高収入が目的という医師よりも、お客様に確かで細やかな技術を提供し満足していただく事で、医師・スタッフの成果となり、その先に繁栄があることで還元を望む医師が医療現場で多くみられます。ユーザーの「口コミ」も大切ですが、実際の「リピーター」や「紹介」の実績が美容外科クリニックを支えています。

医師の指名もできますので、人気の美容外科医はインセンティブが大きな収入になっています。近年は医師個人というよりも、チームとしての評価がされる大手美容クリニックも増え、スタッフとの円滑なコミュニケーションが求められます。

特に現場スタッフを一人一人ケアできている美容外科クリニックは離職も少なく、美容業界で生き残り、経営・運営が強化され、新人医師の研修や勤務医師のキャリアプランにも大きく影響してきます。

美容外科クリニックの待遇

美容外科医の待遇

美容外科クリニックといえば、気になるのは医師の年収ではないでしょうか。
業界で紳士協定などで統一することはなくクリニックによって待遇が違います。
概ね年収1500万円~3000万円が転職転科医師の相場となってきます。
2021年には一部の大手美容クリニックが年収2,500万円にベースアップするなど、全体的に上昇しています。

では、年収1500万円(相場の下限)で雇用している美容クリニックは経営が芳しくないのか?と思う方もいますが、美容経験者か形成外科経験者しか採用せず、美容外科クリニックの中でもユーザーからの信頼がある優良クリニックも多い為、年収だけでクリニックの良し悪しは判断できません。

また、年収が比較的高くなくても、福利厚生が充実していたり、勤務医の雇用が守られており働きやすい好環境であったりします。
設備のクオリティが高く、それに多くの資金を投入しているクリニックも医師年収は抑えめになることもありますが、働くうえで多くの経験を積めたり、良い機器を利用することで効果を実感しやすくなり、リピーター獲得に繋がったりと、プラス面も多いことでしょう。

業界全体として、一人のお客様により時間をかけ、サービスを提供しているところが一般的になってきています。
その他、大手美容外科では「社会保険、有給休暇、研修費用、学会費用、研修時滞在費用」など、より医師が働きやすくスキルアップしていける環境が用意されています

また、医師の悩み・不安をしっかりとした研修と待遇で迎えてくれる美容外科クリニックが最近多く、未経験=転科にも理解があります。研修中の宿泊先の用意や、売上に変動するインセンティブが発生するポジションなど、キャリアに合わせて満足度が上がる組織などもありますのでご安心ください。

美容外科医師のキャリアプラン

美容外科の医師には多くの選択肢があります。組織でトップを狙うもよし、美容外科のクリニックを開業するのもよし、美容皮膚科へフォーカスするのもよし、セミナー講師や、指導医になることも可能です。

それらにはまず、美容外科へ転職する前の情報収集が重要です。

美容外科クリニックにより医師の研修体制も様々ですが、特に関東には多くのベテラン医師が在籍し、地方では少なくなる傾向にあります。それは大型の病院・大学病院にも同じく言えることです。そこで、関東・関西エリアで充実した研修が可能なクリニックや、ベテラン医師が直接教育してくれる美容外科クリニックを選択します。選ぶクリニックによっては実際にキャリアアップのスピードが3年は差がついてしまいますので、ここは慎重に選定します。

1年目、2年目で【注入系・埋没法・目頭切開・鼻プロテーゼ・ヒアルロン酸豊胸など】をマスターした方は院内のマネジメントや集客のマーケティング、分院長や院長となり経営を意識しキャリアプランを固めていきます。

医療機器のスペシャリストになって講師をする方もいれば、ヒアルロン酸注入やその他注入系の技術を好み講師になる方、中には得意とする施術に特化した美容外科クリニックを開業する方もいます。

前向きな医師には様々な選択肢が用意され、クリニックも応援してくれます。もちろん弊社も長期でサポートいたします。

美容外科医師のキャリアプラン

美容外科医師の勤務地選択・希望

美容外科医師の勤務地選択・希望

転職したばかりの医師にとって、希望の勤務地に配属になるのか不安に思う方もいらっしゃいます。医師の採用が上手なクリニック、離職が少ないクリニックでは余裕をもって採用しますので、基本的には面接時、面談時、見学時の希望が叶います。

しかし、首都圏など人気のエリアは募集が早く締め切られますので、ある程度は希望エリアに融通の利く医師が採用されやすいことも事実です。ライバルの少ない地方都市エリアを狙うことも検討してみてはいかがでしょうか。

前触れもなく突然の転勤となった場合、クリニックの経営を疑うことも必要です。ご家庭の事情で2名同時退職など1年に1回はあるかと思いますが、頻繁に離職する美容外科クリニックは危険信号です。

転職エージェントは医師の転勤や離職も把握しており、それによって内部で何が起きているかを常にチェックしています。不安に思うことはエージェントに相談し、納得してから応募を検討しましょう。

美容外科クリニックの選び方

美容外科のクリニックへ転職したい!と思われた方は、先ずクリニック見学に行き肌で感じていただくことと、数々の見学や採用面接に立ち会ってきたエージェントから、アドバイスや医師の転職実例、成功実例を聞くことです。

希望のクリニックがある場合には、その美容外科での長期キャリアプランが実現可能か、転職エージェントに聞いて下さい。失敗例も含め、多くの実例をお伝えします。
相談しているうちにご自分に合うのは大手美容外科クリニックなのか、小規模美容外科クリニックなのか、実は美容皮膚科が向いているのかの判断材料の一つになります。

美容外科クリニック出身の医師が美容皮膚科で成功するという事実もあります。
もちろん雇用条件も大切です。クリアに選択できるようキャリア形成のステージを複数ご提案し、見学同行もいたします。
実際の美容外科クリニックで二重や鼻のオペ、注入を見ていただき近い将来をさらにイメージして下さい。

私たちドクターコネクトは、医師一人一人に合った転職をご提案し、フルサポートいたします。

美容外科医師求人、見学のご相談はこちら

ご相談は随時受付しております。応募フォーム・お電話にてお問い合せください。

TEL 03-5937-3574
セミナー担当まで

医師研修制度が充実している美容クリニックは?

ドクターコネクト,美容クリニック,医師研修

転科・未経験で美容医療へ転職する医師は、研修制度が整っているクリニックを希望されることが多いです。

実際は医師研修が行われないクリニックの方が少ないのですが、研修がシステム化されてカリキュラムがしっかり組まれているという点では大手美容クリニックになります。

大手美容クリニックは総合的に美容医療を提供しているため、一通りの施術・技術を研修で学びます。長年の運営実績により熟考された研修制度で、レベルに合わせた指導が受けられます。

広範囲に及ぶ研修と経験は将来の選択肢が増えたり、特に若手ドクターが得意なこと・極めたいことを見つけやすいということもメリットです。それは医療だけではなく、クリニック経営やマネージメントも含まれます。

ドクターコネクトでは、医師研修合宿の同行取材や、医師採用担当インタビューなどを行っており、医師転職に役立つコンテンツをご提供しております。ぜひご一読ください。

 


お役立ち記事の新着記事


記事を探す


キーワードから記事を探す

エージェントが直接答える
医師転職支援サービス

記事を読む時間がない!
不安が解消されない!
もっと詳しく知りたい!

その声にエージェントが直接お答えします。
どんなささいなことでも、ぜひご相談ください。