20代~30代医師の進路から考える「年収アップ転職計画」

「忙しさと年収が釣り合っていない」「先々、年収を上げられるイメージが湧いてこない」。現在の待遇や環境に不満があり、転職を視野に入れるようになった20代~30代の勤務医が増えているようです。保険診療では、年収アップにつながらないのが現実。医師としてのキャリアプランを明確にしたいと思いつつ、どの道を選べばいいのかわからないという人は、30代以降の姿をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

マネジメントで勝負、転職でキャリアアップ、ゆくゆくは開業など、40代で生き方を確立する医師が多く、50代になると非常勤のみで働くマイペース派も増えてきます。10年先のキャリアを今決めるのは難しいとしても、将来の方向性が見えてくれば、早いうちに転職するかどうかを決断するベースにはなるのではないでしょうか。

将来、どの道に進む?40代以降の医師の選択肢

20代~30代を勤務医として過ごした医師のその後のキャリアは、2方向に分かれます。それまでの経験を活かして新たな役割を担うキャリアアップ志向と、異なる領域や働き方にチャレンジして年収・待遇アップをめざすキャリアチェンジ志向です。

キャリアアップ志向
●評価・待遇がよくなる民間の病院に転職
●管理医師・マネジメントに関わり組織を統括
●専門医を取得してさらに専門性を追求
●准教授を目指す

キャリアチェンジ志向
●やりたい分野に転科
●非常勤(アルバイト)との掛け持ちで年収アップ
●非常勤に特化してマイペースで働く
●開業医として活躍

多くの医師が選ぶのは、キャリアアップか転職によるキャリアチェンジでしょう。非常勤特化は自由ではあるのですが、勤務地が遠方でも交通費が支給されなかったり、アルバイトでは社会保険等の保障もありません。

急に仕事がなくなる可能性もあり、常に新しい仕事を探し続ける必要に迫られるかもしれません。

ここからは、キャリアアップ志向キャリアチェンジ志向それぞれの仕事と働き方の選択肢を見ていきましょう。

経験を活かして活躍するキャリアアップ志向の医師の選択肢

20代~30代の医師のなかで、現在の仕事や環境に不満を感じない層や、やりがいをもって働いている層の大半は、キャリアアップを選びます。彼らの選択肢は、マネジメント・経営の道か、指導する役割か、スペシャリストとして現場続行か。医局を出るか残るかも悩みどころです。

民間の病院に活躍の場を求めると、年収が上がる可能性は高くなります。例えば、大学病院で週5日勤務だった医師が民間病院に転職した場合、ほぼ同じ勤務条件で年収約1800万円にUPしたという事例もあるようです。

40代になると、子どもがいる医師は教育費が上がるという現実に直面します。基礎研究に興味がない医師、自らの力で仕事先を見つけられる医師は、医局を離れて年収アップをめざす道を考えるのが多数派です。

新たなステージを求めるキャリアチェンジ志向の医師の選択肢

管理職、指導者など組織のためという志向が強いキャリアアップ派に対して、活躍の場を変えようとするキャリアチェンジ志向は自分の力を試したいという意志が強いようです。

非常勤(アルバイト)との掛け持ちでプラスアルファの収入を求める医師や、ゆくゆくは非常勤のみとなるセルフ働き方改革を志す医師の多くは、20代~30代を専門性を高める時期と位置付けています。民間の病院にいかに評価されるかが、将来の年収に直結するからです。

これに対して、独立・開業のために貯金や経営ノウハウの習得などの準備を進める医師や、現在とは違う分野に転科したい医師には、将来性がある科目成長分野という視点もあるようです。医師の転科の5大理由は興味がある分野・自分に合う分野過酷な労働環境からの脱却年収アップ開業準備人間関係の改善です。

美容医療専門の転職エージェント ドクターコネクトを利用する医師の多くは、美容外科や美容皮膚科の将来性や働きやすさに着目しています。美容外科は高収入が期待できる科目として注目されており、2000万円〜1億円以上稼ぐ美容外科医もいます。魅力は年収だけでなく、未経験から転職できることや、予約制のクリニックが多いため残業がなくなるのも人気の理由となっています。

いずれの道を選ぶとしても、キャリアチェンジ志向の医師は、医局に残るメリットを感じておらず、年収や待遇がよくなる転職に積極的な層も存在します。早期に転職や転科を実現すれば、生涯年収が倍近く変わると考えているからです。

年収UPを見据えて20代~30代でチャレンジしたいこと

20代~30代の医師のみなさんに質問です。あなたのキャリアプランはキャリアアップでしょうか?キャリアチェンジでしょうか?年代別に、将来のためにチャレンジしておいたほうがいいことを紹介しましょう。

20代から考えておきたいキャリアの選択肢

20代の医師の多くが、基礎力を高めたい今の職場で経験を積み、収入、スキル、役職をアップさせたいと考えているのではないでしょうか。専門医を取得するための環境が整っている大学病院などで働いている医師なら、力をつけてから進む道を考えるという順番でも、後悔することはないでしょう。

ただしそれには、所属する組織や科目に不満がなければという但し書きが付きます。どんなキャリアを積むべきか、わからない今の科目は、自分に向いていない気がする医局に縛られず、幅広い選択肢のなかから将来を選びたい開業を検討しているといったことを考えている医師は、思い立ったタイミングで動けるように、積極的に情報収集をしておいたほうがいいでしょう。

なかでも、転科や開業を考えている人は、早期の決断がその後のスムーズなキャリアアップにつながる可能性があります。最近人気の転科先は、社会的ニーズが高まっている老人内科、緩和ケア、在宅診療や、高年収が期待できる美容外科、美容皮膚科など。とりわけ、未経験からチャレンジできる美容医療の注目度が急速に高まっています。

30代から考えておきたいキャリアの選択肢

マネジメントを経験、専門医の取得、指導医として活躍、開業準備など、多様な選択肢が視界に入ってくる30代。さまざまな症状に対応する経験を積んで自らの価値を高めつつ、その先のキャリアを考えて着実に準備を進めたい年代です。

転職で年収を上げたいなら、なぜ、その選択なのかを明確にしてチャレンジしましょう。これまでの経験を売り込んでよりよい待遇をめざすのか、高年収を見込んで美容外科や美容皮膚科などの新たなステージを選ぶのか、将来の成長に期待して在宅医療や老人医療などの世界に飛び込むのか。仕事や環境をしっかり確認しておきたいという人は、非常勤(アルバイト)で働いてみるのもひとつの手です。

キャリアプランがなかなか決まらず、自分の考え方を客観的に評価してほしい優先順位を整理したい現状について、より正確な情報がほしいという人は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

キャリアアップを選ぶなら、20代~30代はひたすら経験を積む時期ですが、キャリアチェンジの場合は、早期に転職して新たな知識・技術を磨くという選択肢があります。いずれにしても、現在の居場所からは見えづらい領域について、情報収集をしておくと、将来の可能性が広がります。

そんななかで、「美容外科や美容皮膚科に興味がある」「現状が知りたい」という方は、美容医療専門の転職エージェント「ドクターコネクト」にご相談ください。転職で年収アップした事例や最新の求人動向を交えながら、それぞれのキャリアプランに即した医師求人やアルバイトを提案いたします。

未経験・転科の医師が転職で検討するべきこと

未経験・転科の医師が転職で検討するべきこと

美容医療に転職する医師の9割が未経験・転科です。ドクターコネクトでは、まずは大手美容クリニックをおすすめしますが、それは研修制度や福利厚生が充実しており、安心してご就業いただけるからです。

大手美容クリニックで経験を積むことのメリットはそれだけではありません。こちらの記事では、医師転職エージェントの見解を交え、様々なメリットをご紹介しております。

美容医療への転科をご検討の先生は、ぜひご一読ください。

おすすめの記事