管理職、転職、専門性強化…転機を迎えた医師のためのキャリアガイド

忙しすぎる・先が見えない・ライフスタイルを変えたい…。がむしゃらにがんばってきた20代が終わり、将来について考える時期に差し掛かると、日々の仕事以外の悩みが増えていくものです。この記事では、転機を迎えた医師に向けて、年収が上がるキャリアアップ転職や転科の可能性など、キャリア構築のために考えておきたいことや、将来性が見込める新たなステージについて紹介いたします。

多くの医師が悩む「キャリアデザイン」

医師として認められるべく、基礎力を高めようと経験を積んできた20代が過ぎ、将来についてより深く考え始める30代。このままずっと多忙な毎日なのか・どうやったら収入がアップするのか・自由な時間がない・開業したいなど、キャリアに関する悩みが増える世代です。

この年代の医師に、キャリアに関する悩みを聞いてみると、考えている方向性が正しいのか不安という回答が多く、次いで将来のキャリアデザインが描けないという声が集まりました。この他にも、

症例が回ってこないので、実績を積めない
自分の市場価値がわからない
転職のノウハウがわからない
仕事と育児を両立できる医療機関で働きたい

といった悩みや願望が聞こえてきます。

ひと昔前までの医師は、医局で経験を積んでキャリアアップするというルートが当たり前でしたが、現在は医師も多様なキャリアデザインを考える時代になってきています。美容医療、在宅医療、スポーツ医学など医療系のサービスが多様化したこと、それに伴ってさまざまなキャリアや働き方を実現できるようになったことが要因でしょう。そのような中で、どうすれば思いどおりのキャリアを描けるのでしょうか?

まずは、医師としての将来像を整理

最初に考えたいのは、医師としての将来像です。例えば、今の科目は自分に合っていないので、新たな活躍の場を築き上げるには、転職が視野に入ってきます。また、ゆくゆくは開業したいという医師も、経営ノウハウを学ぶことができるクリニックなど、将来につながる転職の可能性があります。

このまま医局に残りキャリアアップするのか、現在とは異なるフィールドでキャリアアップするのか。あるいは開業を目標にして知識やノウハウを手に入れるのか。転職や非常勤(アルバイト)を検討する際も、将来、こうなりたいからここで働くというように目標を明確にしておきましょう。

将来のために今から準備・3つのキャリアステップ

多忙な組織にいると、目の前の仕事をこなすだけで精一杯になりがちですが、今のうちに将来への準備を始めておくことがキャリアアップのカギとなります。3つのキャリアステップと、将来のために準備しておきたいことを紹介します。

キャリア1 専門性を高めて将来はマネジメントや開業へ

2019年12月に厚生労働省が発表した平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師統計によると、医師の62%が専門医資格を取得しています。取得理由を問うと、自分の知識・技術の向上給与、待遇、転職におけるメリット患者からの信頼が大半を占めており、専門性の向上と他者評価を重視している医師が多いことがわかります。現在は、新専門医制度がスタートしていますが、専攻医として取得をめざしている医師たちの目的は変わらないはずです。

専門医取得の先に見えているのは、「管理職・マネジメント・指導的役割」「開業」「スペシャリスト」です。めざすキャリアによって、専門医プラスアルファの知識・スキルやノウハウが必要となります。管理職をめざすなら、組織と対人のマネジメントスキルを習得。開業をめざす医師は、専門分野に近いところで対応できる領域を広げつつ、経営ノウハウも身につけたほうがいいでしょう。

スペシャリストをめざす人は、どの分野で勝負するのかが重要です。例えば、訪問医療や老人内科などのニーズが高まりそうな分野は、コミュニケーション力が求められます。医局を出て、一般病院やクリニックに転職したほうがいい領域もあります。進むべき道と、早いうちに習得したほうがいいスキルを明確にしておきましょう。

キャリア2 年収アップや新たなキャリアをめざせる転職を検討

今の待遇や環境に満足していない・早期に収入をUPさせたい・新しいキャリアを築きたいと思っている医師は、転科・転職を見据えた情報収集を始めましょう。たとえば、年収や給与水準が高い科目への転職を検討するのも一つの手です。

医師・歯科医師・薬剤師統計で、従事者が増えている科目は美容外科(2016年調査比で130%)、産科(112%)、腎臓内科・救急科(111%)、リハビリテーション科(109%)となっています。転職サイトの求人の平均年収を科目別に見ると、高収入が見込めるのは1800万円~2500万円の美容外科、1400万円~2000万円の美容皮膚科で、在宅医療が1400万円、精神科が1380万円、整形外科・スポーツ医学が1370万円となっています。

必要なスキル、業界の動向、求人の推移や収入相場、将来性などの情報を整理して、いつ、どうするを具体化しておくといいでしょう。興味がある分野が見つかれば、業界や求人の状況を把握するために、転職エージェントに相談をしてみるのも良いでしょう。

キャリア3 新領域にキャリアチェンジ

ここ数年、医師に注目されている分野のひとつに、美容医療業界があります。未経験からチャレンジすることができ、高収入が見込めるのが、転職者が増えている最大の理由です。予約制のクリニックが多く、当直やオンコールがなく、残業がほとんどないのもメリット。今の科目ではない新たなキャリアを模索していた20代医師や、キャリアアップを図りたい30代医師が、続々と転職を成功させている業界です。

年収アップや開業のチャンスが広がる美容外科・美容皮膚科に注目

美容医療の中心となっている美容外科や美容皮膚科は求人数が多く、医局や大学病院からの転職が増加中です。美容外科の年収は2000万円〜3000万円と言われており、医局時代から1.5倍〜2倍にUPしたという医師もいます。

美容外科や美容皮膚科が注目されている理由は、高収入や働きやすさだけではありません。患者様としっかり向き合い、信頼関係を築ける・将来的に開業するチャンスがあるという声も多く聞かれます。新たなステージで技術を磨いて経験を積めば、マネジメント、スペシャリスト、経営などキャリア選択の幅が広がるのも、20代~30代の医師には魅力となっているようです。

まとめ

美容外科、美容皮膚科の求人を数多く取り扱う転職エージェント ドクターコネクトでは、クリニックと医師のマッチング経験が豊富なキャリアアドバイザーが、今後のキャリアデザインについて、さまざまな視点からアドバイスしております。実際に転職活動をする際にも、キャリアプランに基づいた求人選び、職務経歴書など必要な書類に関するアドバイス、面接サポートなど、採用までのプロセスについてトータルに支援いたします。

早期に転職したい・転科を検討している・ゆくゆくは開業したい…将来について考えるなかで、美容医療業界についても知っておきたい・美容外科・美容皮膚科の仕事と将来性について教えてほしいという方は、「ドクターコネクト」のキャリアアドバイザーにご相談ください。

未経験・転科の医師が転職で検討するべきこと

未経験・転科の医師が転職で検討するべきこと

美容医療に転職する医師の9割が未経験・転科です。ドクターコネクトでは、まずは大手美容クリニックをおすすめしますが、それは研修制度や福利厚生が充実しており、安心してご就業いただけるからです。

大手美容クリニックで経験を積むことのメリットはそれだけではありません。こちらの記事では、医師転職エージェントの見解を交え、様々なメリットをご紹介しております。

美容医療への転科をご検討の先生は、ぜひご一読ください。

おすすめの記事