女性医師 ニーズ

医師に必要なスキルは、責任感があること、理解力があること、それだけではありません。患者の悩みをしっかり聴いてはじめて、必要な治療や施術を行うことができます。そのため、見落とされがちな「聴く力」が大事なのです。

また、それは生物学上女性の方が得意であると言われています。そのため、女性医師が様々な科目の患者から求められているのです。詳しくは下記でご紹介します。

女性医師が担当医だと生存率が高い?!

生存率UPハーバード大学が患者150万人を調べたところ、女性医師が担当する患者は男性医師に比べ生存率が高い結果が出ました。男性医師だから死亡率が上がるということは決してないですが、女性医師の方が患者の話を聞いている時間が長いため、生存率が高いことも分かりました。

また、美容業界でも女性医師の需要は高まっています。特に美容皮膚科では女性医師がいいという患者が増加しています。美容外科は、手術をして大きな変化を希望している患者が多いですが、美容皮膚科はメスは使わずとも美しくなりたいという、美容外科以上に繊細な対応が求められることが多いのです。

美容皮膚科への転職のカギは患者とのコミュニケーション力

傾聴力美容皮膚科の医師の仕事の中で、カウンセリングはとても大切です。もちろん治療や施術を行うことも大事ですが、患者の悩みを理解せずして治療を行うことはできません。そこで必要になるのが「傾聴力」と「共感力」です。

患者の想いを引き出す「傾聴力」

聞く美容皮膚科に来院する患者は、「美しくなりたい」「若々しくなりたい」という何かしらの想いを持っています。巷に溢れている化粧品や美容グッズだけでなく、美容医療でもっと確実に「美」を手に入れたいという強い想いがあります。その想いをしっかりと汲み取ることができるよう、一人ひとりに対して親身なカウンセリングをする必要があります。

また、患者によってはなかなか本音が言えない方もいます。そのため、いろいろな角度から患者の想いを引き出すことが大切です。

患者の想いに寄り添う「共感力」

共感力また、患者は自分の悩みを共感してもらうことで安心することができます。患者の多くは女性なので、同じ立場の女性医師の方が共感しやすいのです。

患者にとっては医師に共感してもらえることで安心感が生まれ、両者の間には信頼関係ができます。これにより、医師は治療や施術の提案がしやすくなります。

現役の美容皮膚科の女性医師は、女性の肌は男性に比べ薄くできているとお話しされていました。多くの患者様が女性ですし、毎日ご自身のお肌を手入れしている女性医師の方が感覚を掴みやすいようです。

なぜスポットより常勤・非常勤なのか

美容皮膚科は美容外科と異なり、大抵の患者様は一度の施術で終わらず長く通ってもらうことになります。

経過観察もしなければなりませんし、施術の効果も長期で診ていきます。そのため、スポットの医師では経過を診ることが難しくなってしまい、結果的に医師自身のスキルアップにもつながりません。

常勤、またはバイトや非常勤でも毎週同じ曜日にシフトを入れることが可能な方にお勧めします。美容皮膚科クリニックの募集要項も、その傾向が強いです。

美容皮膚科の求人を多数掲載中

ドクターコネクトでは、美容皮膚科の求人を多数掲載しております。美容皮膚科だけでなく、美容内科や医療脱毛、もちろん美容外科なども取り扱っております。どの科目にも言えるのですが、美容業界では女性が多く求められている傾向にあります

もし美容業界への転職を迷われているのであれば、ぜひ一度お気軽にご連絡くださいませ。もちろん、転職に当たって必要なカウンセリング力やコミュニケーション力に関しては、ドクターコネクトが全力でサポートさせて頂きます。

女性医師が活躍!美容皮膚科への医師転職

子育て中の女性医師に人気の美容皮膚科

美容皮膚科への医師転職は、常勤、非常勤ともに女性医師に人気があり、女性が多いため育児に配慮したクリニックも多くございます。
子育て中の女性医師に人気の美容皮膚科

「お迎えの時間があるから自宅の近くで時短にしたい」
「夜は家族と過ごしたい」
「子供に合わせて休日を取りたい」
「妊活したいけど忙しくて」

まずはご要望をお聞かせください。
専属のエージェントが先生のご要望に沿ったクリニックをご紹介、転職から入職までフルサポートいたします。

おすすめの記事