転職活動を始める前に!知っておくべき転職に失敗しないコツ

業界にかかわらず、転職に失敗する可能性は誰にでもあるものです。医師の転職活動では、転職に失敗する例としてどのようなものがあるのでしょうか。また、転職に失敗しない為にはどうしたらいいのでしょうか。

医師転職で失敗しがちな3つの例

具体的に、失敗したと感じたのはどんな状況に陥った時なのでしょうか。失敗事例として体験談を交えつつ解説いたします。既に転職活動を始めている方は、見落としているポイントがないか確認しながらご覧ください。

「1つ」の観点で転職先を決めてしまった

収入が途絶えてしまうことに不安があり、早く転職したいと思っていました。とにかく年収が高い病院を探し、内定をもらった病院が大手だったこともあって即転職しました。その結果、年収は上がったものの激務に耐えられず、1年経たずに退職してしまったのです。(内科・20代男性)
  • 転職を焦ってしまった
  • 年収の条件しか見ていなかった

まず転職を焦るあまり、「1つ」の病院しか見ずに転職先を決めてしまいました。転職先を決める条件も、年収が高いという「1つ」の条件しか見ていませんでした。

面接に行った際の印象や年収の条件が良かったとしても、病院としては医師にとって都合のいいことを強調して伝えがちになってしまうことが多いです。そこだけを見て転職先を決めると、体験談のようになりかねません。

「1つ」の観点に固執するのではなく、複数の病院を見る・様々な条件を自分の中で決めるなどして、客観的に比較検討していくことが重要です。

「ツテ」で転職をしてしまった

当時の勤務環境に不満を持ち、同じ医局勤務の先輩にこっそり相談していました。すると、先輩の知り合いが勤務している病院を紹介されました。その知り合いの方を通じて、勤務させていただくことになったのですが、労働条件も環境も悪い意味で想定外。紹介していただいたので、先輩にも知り合いの方にも申し訳なくて耐えるしかありませんでした。(麻酔科・30代女性)

やはりその職場の環境が合うか合わないか人によって違うので、知り合いからの紹介とはいえ、信頼しきるのは危険です。さらに知り合いだからと、退職したいと思っても気を使ってなかなか辞められないもの。もしツテに頼ることになっても、きちんと自分で職場について知り、納得した上で決定するようにしましょう。

「体制」をしっかり見ていなかった

手技を磨きたかったので、現場に多く立たせてもらえる病院に一度転職しました。しかし実際はアシスタントとして現場に立つことが多く、上役の医師ばかりが対応する毎日。思ったように経験が積めず、経験不足で次の転職先も決まりにくく困っています。(外科・20代男性)

目的がきちんと決まっている場合は、実際の現場の体制がどのようになっていることを確認しておくことが大事です。転職してみないとわからないかもしれませんが、できるだけ情報収集しておきましょう。

転職活動を失敗しない為には?

転職活動を失敗しない為には?実際、転職活動を失敗しない為にはどうしたらいいのでしょうか。自分だけでは不安、でも知り合いのツテに頼りきりになるのも不安…という方は、転職エージェントに相談してみることも1つの手段です。

転職活動はドクターコネクトにお任せください

ドクターコネクトは美容医療業界に特化した転職コンシェルジュです。人材紹介実績15年の当社は、数多くの優良クリニックと信頼関係を築いておりますので、安心できる求人案件を取り扱っております。

求人の紹介だけではなく、面接時の相談や有名クリニックの見学会の機会も設けさせていただくなど、医師転職をトータルサポートいたします。

ドクターコネクトは無理に転職を勧めません

ドクターコネクトは無理に入職を勧めません当社の求人紹介は、病院と医師の相性をきちんと確認するマッチング優先のスタイルをとっております。転職紹介会社によっては、紹介実績を作るため半ば強引に転職を勧める会社もありますが、当社は無理に転職を勧めることはありません。

双方の希望をきちんとお聞きし、納得した上で転職先を決定できます。迅速に転職サポートをいたしますので、こちらよりまずはお問い合わせください。

まとめ

  • 様々な観点から客観的に比較決定する
  • ツテに頼りすぎない
  • 転職希望先の体制も含め情報収集をしっかりする

上記のポイントを押さえ、焦らず自分がきちんと納得した上で転職先を選択することが重要です。転職エージェントに相談してみるのも1つの手段ですので、視野を広くして転職活動をしていきましょう。

おすすめの記事