医師のオンコール負担を解消するには

病気や怪我はタイミングを問わず発生します。急患に合わせて、医師も対応しなければなりません。急な呼び出しに対応するため、勤務している時間以外にもオンコールといったプライベートでの「待機」時間が発生する病院もあります。

今回は、オンコールの負担を解消するにはどうするかを解説いたします。

勤務医のオンコールストレス

オンコールによってどのようなストレスがかかってくるのでしょうか。ストレスとなる理由をいくつかご紹介いたします。

自由度が低いプライベート

自由度が低いプライベートオンコール待機を命じられると、どうしても心が休まりません。せっかくの休日であったのに、もしかしたら連絡がくるかもしれない、そうなると遠出はできない、とプライベートが縛られてきます。

また、オンコールでの出勤が多い科目といえば「脳神経外科」「産科・婦人科」「外科」などの、急患が出やすい科目となります。人命に関わりやすい科目でもありますので、さらに心労の原因となってしまうでしょう。

オンコールは労働時間に含まれない

オンコールは労働基準法に定めは特になく、通常は労働時間とみなされません。また、実際オンコール出勤した場合は時間外労働手当が発生しますが、基本的に待機中の場合は給与が発生しません。
過去の裁判で、「拘束性が強い場合は労働時間と判断される場合がある」となった場合もありますが、やはり基本的にオンコールは労働時間に含まれないようです。

プライベートの時間を確保しやすい美容医療業界

では、オンコールの負担を解消するにはどうしたらいいのでしょうか。解消方法の1つとして、「美容医療業界への転職」が挙げられます。その理由を解説いたします。

美容医療業界ではオンコールがありません

美容医療業界ではオンコールがありません美容医療業界において全くないとは言い切れませんが、基本的にオンコールでの待機及び、当直や夜間勤務もありません。なぜなら、美容クリニックに病気で来院する患者はいないため、急患などの心配がないからです。

美容クリニックの営業時間も決まっており、通常の勤務でも勤務形態が落ち着いているところが多いです。

そのため、美容医療業界ではプライベートが確保しやすくなっています。

美容医療業界は未経験でも転職可能

美容医療業界への転職は未経験でも問題ありません。むしろ、9割以上の医師が未経験で転職をし、現場で活躍しています。

しっかりとした研修制度

未経験で入職を希望する医師が多いことと、定着率を上げるために研修制度をしっかりしている美容クリニックが多いです。

また、経験の有無より「美容医療業界に長く従事する気持ちがあるか」「コミュニケーションがしっかり取れるか」が重視されるポイントです。医師と患者の信頼関係をしっかり確率していくことが重要な業界ですので、未経験でも経歴関係なく活躍の場を作ることが可能です。

参考記事:医師の転職面接で注意したいポイントやよく聞かれる質問の回答例

ドクターコネクトにご相談ください

ドクターコネクトにご相談くださいしかしながら、未経験の分野に転職するには経験面でも知識面でも不安が残るところです。その場合は、エージェントに相談してみてもいいでしょう。

ドクターコネクトでは、美容医療の人材紹介実績が15年ございます。数多くの優良クリニックとの信頼関係を築いており、転職を希望される方とのご希望にマッチしたクリニックを厳選いたします。

美容クリニック見学会や、面談対策なども承っていますので、まずはこちらからお気軽にご相談ください。

まとめ

休日とはいえ、オンコール待機は労働時間にも含まれておらず、プライベートの自由を確保しにくくストレスに繋がってしまいます。

美容医療業界では、オンコールや当直、夜勤が基本的にありません。また、未経験でも転職が可能な業界です。転職を検討している方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事