医療脱毛の医師の年収はどのくらい?

「短期間で効果が出る」と人気の医療脱毛

医療脱毛数年前までは「脱毛」というと、学生や主婦にとっては高額で、ハードルが高いイメージがあったかと思います。しかし近年は価格が下がり、脱毛サロンが増えて「脱毛」に対しての敷居が低くなってきましたよね。電車の中吊り広告やテレビCMなども普及し、年々その需要は高まっていると言えます。

しかし最近、数あるエステ脱毛に通っている人から「効果が実感しにくい…」「通う期間が長い…」という声も多いのが現状です。そこで注目されているのが「医療脱毛」です。

一般的に多くのエステ脱毛で導入している「光脱毛」の方が、「医療脱毛」より価格は低いと言われています。それに対して医療脱毛は、光脱毛よりも照射回数が少なく、脱毛期間が短くなります。そのため短期間で効果をしっかり出したい方に人気の脱毛方法です。またVIO脱毛をしたい女性にも人気で、毛が濃い方には出力を下げて照射したり、痛みが苦手な人には麻酔を使うこともあります。そんな医療脱毛クリニックの医師の業務や年収を下記でご紹介いたします。

医療脱毛クリニックに勤務する医師の業務

レーザー脱毛を中心とするカウンセリング

美容業界未経験の医師や転科希望の医師が勤務しやすい環境が整っているところが多いです。基本的には、スキルに応じて3ヶ月程度の研修があるクリニックが多いです。脱毛を希望する患者様にカウンセリングを行ったり、脱毛機の説明、脱毛前の肌チェックも行ったりします。

脱毛施術を行う

多くのクリニックでは研修制度があるところが多いです。医療脱毛は多くがレーザー脱毛です。レーザー脱毛中心に丁寧に研修を行いますので、未経験の方でも安心ですね。中には、実際の脱毛施術はスタッフが行うというクリニックもあります。

施術後の処置・処方

人によっては、脱毛により肌トラブルが起こったり火傷になったりすることがあります。その際の処置や薬の処方を行います。

医療脱毛クリニックに勤務する医師の平均年収

カウンセリングこのように、短期間で効果が出やすい人気の医療脱毛。実際従事するに当たっての年収はどのくらいなのか気になりますよね。

医療脱毛は美容皮膚科に分類され、1200万円〜2500万円程度が平均年収と言えるでしょう。幅はありますが、比較的美容医療が未経験でも高収入を得られやすい診療科目であると言えます。

男性専門クリニックの増加で男性医師が求められるように

以前は医療脱毛利用者といえば女性がメインでした。しかし近年は男性の需要が伸び、その伸びしろは年々大きくなっています。男性専門美容クリニックの台頭、女性専門だったクリニックが男性専門を展開など、近年では最も需要が様変わりした施術です。

施術は看護師が行いますが、カウンセリングの際に医師が異性だと恥ずかしいという患者様も多く、男性専門が増えるにつれ男性医師を求めるクリニックが増加しています。

女性医師の場合、男性専門でも勤務可能なクリニックもあり、また女性医師限定のクリニックも多くあります。

参考:男性・女性の脱毛は要望が異なる
部位にもよりますが、男性はムダ毛を薄く、女性は無毛の要望が多いです。男性は薄くするだけといっても毛が太いため、痛みが強くなります。繰り返し施術することで毛量が減り、残る毛も細くなっていき、毎日の髭剃りが楽になる・剃り跡が青く見えないなどメリットがあります。
女性は男性に比べ毛が細いとはいえ皮膚が薄く弱いので、脱毛機器の出力を下げ、毛が細くなるにつれ上げていきます。
医療脱毛機器は出力を高く設定できるため「やけど」のリスクなどがあり、医師や施術する看護師の適切な判断が求められます。

まとめ

今後は、短い期間で効果の出やすい医療脱毛の需要も伸びることが考えられます。さらに女性だけではなく、男性でも脱毛する人は増えてきています。将来のことも考え、今転職を考えている医師におすすめの科目だと言えます。また医療脱毛は、美容医療分野でも働きやすい環境が整っているクリニックが多いです。そのため、転職する理由の一つに「仕事とプライベートを大事にしたい」という医師にも人気です。

ドクターコネクトでは医療脱毛の高額年収・高待遇の求人も取り扱っております。ご興味がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

おすすめの記事