求人検索
お役立ち記事

20・30代の医師に聞いた!美容外科・美容皮膚科に転職を決めた5つの理由とは?


戻る 2022/04/21
20・30代の医師に聞いた!美容外科・美容皮膚科に転職を決めた5つの理由とは?

「もっと収入を上げたい」「新しい分野でキャリアを築きたい」「ワークライフバランスを改善したい」。
美容医療業界に転職する20代・30代の医師が増えています。なぜ、彼らは美容医療業界を転職先に選んだのでしょうか。医師の体験談をベースに、美容医療業界への転職理由をまとめました。

美容医療の成長性に可能性を感じたから

「将来を考えた時に、美容医療の成長性が転職の決め手になった」という話は、転職した医師から多く寄せられています。美容クリニックに来る女性の年齢層の広がり、男性市場の活況などから、美容医療のニーズは今後も高くなると予想されており、成長市場として投資家からも注目されています。

実際に、コロナウィルス感染症が騒がれた2020年から2021年にかけて、美容クリニックの患者はむしろ増えているところもあるくらいです。こうした美容医療の成長性の高さが、医師の転職理由の1つになっています。

美容未経験の医師でも高収入を目指せるから

美容医療に転職する大きな決め手となるのが、未経験歓迎の求人、高収入の求人が多いことです。特に美容皮膚科は美容外科と異なり、手術の経験を問われず、未経験の医師を採用しているクリニックが多いので、転職先として検討する医師が多い傾向にあります。

美容皮膚科は、未経験でも高収入の求人が多く出ています。美容皮膚科の年収は、1400万円から2000万円になりますが、インセンティブ制度を取り入れているクリニックはさらに収入を伸ばすことが可能です。「これまでは医局で救急や外来の仕事をしていましたが、未経験でも受け入れてもらえる美容外科へ転身を決意。その結果、年収が倍になりました」というコメントをする医師もいました。

美容外科や美容皮膚科は未経験で転職する医師が多いこともあり、研修制度が整備されているクリニックが多いのも特徴です。患者数が多い美容外科や美容皮膚科では、症例数を多く経験できるため、スキルアップしながらの収入アップが望めます。

ワークライフバランスを保ちたかったから

美容医療クリニックに転職した医師に話を聞くと、「残業続きで、身体を壊しそうだった」「雑務に忙殺される日々に、自分の成長を感じなかった」というコメントが多くあり、ワークライフバランスを考えて転職を決めたケースも多いです。

  • 早朝から深夜までの勤務が当たり前
  • 月に2回しか休みがない
  • 自宅に戻っても緊急で呼び出されるのが日常
  • 時間外労働は当たり前

など、働き方に対して不満やストレスを感じている医師が多くいます。
医局でのキャリアアップを捨て新しいステージを選ぶ、という大きな決断は容易にできるものではありません。しかし、そのような状況でも転職を決めた医師から聞く転職の最大の理由は、「美容医療業界のワークライフバランスの良さ」です。

美容外科や美容皮膚科は予約制なので、もちろん当直やオンコールはなく残業もほとんどありません。転職した医師に聞くと

  • 仕事が終わる時間があらかじめ分かるので、自己研鑽に時間を割きやすくなった
  • 疲れが溜まらないので、平日休みは健診のアルバイトをしている

ワークライフバランスを大事にしたいという医師にとって、美容医療業界は望む働き方ができる場になるでしょう。

患者様と喜びを共有でき、やりがいを感じられるから

美容外科・美容皮膚科は、結果がわかりやすい治療です。見た目の悩みを解決することで、心も前向きになる、そんなお客様の変化を直接見ることにやりがいを感じる医師も少なくありません。定期的に来院する患者様も多いので、長期にわたる信頼関係が生まれやすいのも良い点です。

  • 次も先生に治療してほしい、と言われるのがとにかく嬉しいです
  • 形成外科から美容外科に転職しました。患者様の痛みを軽減したり、傷をきれいにしたりする仕事は自分に向いていると感じました。得意なことを更に伸ばせる環境にいるのはやりがいが持てます

転職して活躍している医師の多くが、自分に対する評価が可視化できるのが美容医療の大きな魅力だと言っています。

将来的には開業したいから

将来の開業を見据えて、市場が成長している美容医療業界に転職する医師もいます。ある医師は「大学病院で皮膚科専門医としてキャリアを積んだ後、将来の開業を見据えて美容業界への転職を決意しました」と話しています。

転職後は、美容業界のサービスのあり方やマネジメントなど、開業のために必要な知識や経験を得ることができます。しかし経験を積むうちに、組織に所属することの安心感や待遇の満足度で、リスクの高い開業に魅力を感じなくなる医師も多いようです。

まとめ

美容外科・美容皮膚科に転職した理由について解説してきました。

  • 美容医療の成長性に可能性を感じたから
  • 美容未経験の医師でも高収入を目指せるから
  • ワークライフバランスを保ちたかったから
  • 患者様と喜びを共有でき、やりがいを感じられるから
  • 将来的には開業したいから

理由は様々ですが、美容業界への転職を通して理想の収入・働き方を実現する医師が増えています。ただし、大手美容クリニックや高額年収が見込める優良クリニックなどは、応募者が多いため入職難易度が高いです。

最も重要なことは、「本当に美容医療に興味があるのか、やりたいと思っているのか」です。それ故に、履歴書の書き方や面接の受け答えなどで、しっかり伝えることが鍵になります。

転職をご検討中の方は事前対策として、まずは自由診療・美容医療専門の転職エージェントに相談してみることをお勧めします。 美容医療専門の転職エージェント ドクターコネクトでは、優良求人のご紹介はもちろんのこと、面接対策まで二人三脚でサポートさせていただきます。美容皮膚科・美容外科への転職をご検討中の方は、ご相談ベースでも構いませんのでお気軽にドクターコネクトお問い合せください。


お役立ち記事の新着記事


記事を探す


キーワードから記事を探す

エージェントが直接答える
医師転職支援サービス

記事を読む時間がない!
不安が解消されない!
もっと詳しく知りたい!

その声にエージェントが直接お答えします。
どんなささいなことでも、ぜひご相談ください。