美容医療に転職した医師が失敗する理由

ドクターコネクトでは、自由診療・美容医療に特化した医師転職支援を行っており、多くの入職実績がございます。その中で

「美容医療への転職に失敗した」
「採用面接で落とされた」
「イメージと違って自分には合わなかった」

という医師も。しかし、その転職失敗の理由には、共通した原因があります。この記事では、転職前に知っておくべき美容医療業界の実情をご紹介いたします。

失敗の原因の多くは「情報不足」

美容医療への医師転職は転科を伴うこともあり、転職失敗のリスクは高まります。

美容医療クリニックへの転職が結果的にうまく行かなかったと言う医師に、その理由を聞いたところ、次の3つが多く上がってきました。

  • 転職先の経営状態を知らず入職してしまい昇給が期待できない
  • 転職先の人間関係が合わずストレスが大きかった
  • 中長期のキャリア形成を考えずに転職した

今回は①の「転職先の経営状態を知らず入職」という、情報不足が引き起こした残念な転職を回避するために、必要なことをご紹介いたします。

医師転職は情報収集が最重要課題

美容外科・美容皮膚科クリニックに転職・転科する時に重要になるのは、美容医療という業界の最新情報です。マスメディアで広く伝わることのない、ある意味、特殊なこの業界の最新の情報を得るため、と考えるとエージェントの役割は非常に大きいものになるのではないでしょうか。

転職コンシュルジュを活用して情報収集

そして「転職を考えた時」に絶対に知っておくべきなのは、そのクリニックの経営に関する情報です。この類の情報を押さえているエージェントを選ぶことができれば、入職後のイメージが掴みやすくなります。

次に、美容医療業界の実情をご説明いたします。

転職前に知っておくべき美容医療業界の今

1978年に美容外科が標榜科として認められてから、日本の美容医療業界にも40年が過ぎました。新しい時代に適応していくことで患者さんを増やし、どんどん収益を上げていけるクリニック、そしてそれ以外のクリニック、というような構図に分かれてきているのが現状です。

医師の数という点で見ても、世界的にも美容医療に携わる医師は増加傾向にあり、もちろん日本でもこの傾向は例外ではありません。外科医は減少傾向にありますが、美容外科、形成外科など美容医療に進む医師は増加傾向にあります。

美容クリニックは開業が多いが、閉院も多い

ここ数年、美容医療を含めた多くの自由診療クリニックが新規開業し、同じくらい多くのクリニックが閉院をしています。都市部においては、美容クリニックも過当競争の時代に入ってきたのです。

競争に勝つために、脱毛専門、AGA専門、痩身専門というように、領域を特化するクリニックも増えてきました。

人口減少の中で美容医療は伸びるのか。今後の成長は?

2016年に国際美容外科学会(ISAPS)が発表した処置数のレポートによると、美容整形手術を受けている国の世界トップ5(施術数)は、1位のアメリカ、2位のブラジルに続いて、日本は3位に入っています。全体の人口が減少している中でも、日本では美容医療のニーズは増加していると言えます。

従来の形成外科的な外科的施術の需要はやや減少傾向にあるようですが、非外科的施術の需要、侵襲性の低い施術の需要が高まっています。このようなトレンドの中で、外科的施術の設備等を持たない、一般皮膚科や内科などの医療施設が美容皮膚科を強化する動きも出ています。

また、予防医学的な考え方の美容内科というジャンルも生まれています。外科的治療や皮膚科的治療とは別に、予防医学的な考え方で身体の内側から「美しさ」「若さ」を求める新しい医療分野として注目されています。

このジャンルでは、腸内フローラ検査や遅延アレルギー検査、体内ミネラル検査、遺伝子検査など多くの検査が利用されるようになってきています。今後は身体の内と外、両方から健康と美容を求める需要が見込まれることから、美容医療のなかでも、美容内科領域も成長すると考えられています。

次世代、患者は美容医療に何を求めるのか?

さて、患者さんの動向はこれからどうなっていくのでしょうか。平均寿命が伸び続けている昨今、疾病予防という点だけでなく、「見た目」の老化スピードを緩やかにして、健康的に美しく生きるための医療の需要は高まっていくと見られています。人生100年時代、社会との関わりを長く続けていくことが大事であると強く意識されるようになってきました。

ベースになるのは心身の健康ですが、健康的に美しく生きていくこと、これが高齢化社会に求められることのひとつになっています。そのため、医療分野の中で成長が著しいのが、「アンチエイジング」「美容」であると言われています。

毛髪・肌・痩身など「見た目」に関わる医療と内科的な予防医療、この2つが男女を問わず幅広い年齢層で長期的に拡大すると期待されているのが、美容医療の市場なのです。

美容医療業界が医師に求めるもの

美容医療業界は技術の進歩、薬剤や機器の開発のスピードが速い業界ですが、そのような情報は、転職してから学んでも間に合います。技術に関しては、未経験の方が好ましいというクリニックもあるくらいです。

美容医療で求められる医師像は、「技術よりもコミュニケーション」という傾向が強くなってきています。あるクリニックでは、「必要な技術は症例を重ねてもらえば身に付くと思います。それよりも患者さんとのコミュニケーションや看護師との良い関係を作れることの方がより重要」という内容の求人も出されています。

もちろん、美容外科では技術も重視されますが、それでも患者満足度を高めるためにはコミュニケーションは重要になるでしょう。美容医療は安心安全を提供する医療であると同時に、患者さまファーストのサービス業である一面も持っているのです。

美容医療の医師として、向き・不向きをご自身で判断する良い機会となるのが、院内見学です。ドクターコネクトが院内見学を強くおすすめしている理由として、実際に現場の雰囲気を見ていただくことで大きな判断材料になるからです。

情報収集だけじゃない!医師転職サポート

では、医師転職の話を戻しましょう。クリニックの経営を明暗に分ける、その原因や理由である業界の事情を知っているか否かが、人材紹介会社を活用するか否かの大きなポイントです。

美容医療業界では、毎日、新しい医師求人依頼が飛び交います。しかし、その中には経営状況が良くない、離職率の高いクリニックからの急募も入っています。

開業も閉院も多い中、年収アップ契約で転職して入職後、間もなく閉院してしまったというケースもあります。インターネットでは探すことのできない、この業界の情報を持っている人材紹介会社から情報収集すること、それが医師の転職で失敗しない大きなポイントです。

医師転職活動を有利に進めるエージェント活用

「コンシェルジェ」「キャリア・アドバイザー」というように、各社の職種名はそれぞれですが、良い人材紹介会社のサービス内容は、プロスポーツ業界では当たり前の、「代理人」「エージェント」だとお考え頂ければ良いかもしれません。その観点から言うと、転職を希望する医師のことを、よく理解してくれる、いろいろと聞いてくれる人物が、適任となるでしょう。

エージェントの業界知識と情報収集力、そして何よりも彼らのフットワークをうまく使うことで、多忙な毎日の転職活動を効率的に進められるのです。

転職は人生の大きな転機になる可能性を秘めています。良い転機になるか、そうでなくなるか、それは事前の情報収集と準備にかかっています。

もちろん、最終的な意思決定はご自分でなさることですが、良い情報を提供してくれるフットワークの良いエージェントと出会うと、転職に関連するたくさんの「自分でやらなければならないタスク」を減らすことができます。

美容医療への医師転職は、業界に精通したドクターコネクトへ、ぜひ一度ご相談ください。

美容医療業界のリアルを知るインタビュー集

美容医療業界のリアルを知るインタビュー集

美容医療業界へ転職を考える医師必見のインタビュー集です。

  • 業界を牽引するトップクラスのドクター
  • 有名美容クリニック医師採用担当者
  • 投資・税金のプロ、医療を専門とした弁護士

それぞれのポジションで活躍する方々にご協力いただき、貴重なお話しを伺いました。ぜひ、転職の前知識としてお役立てください。

おすすめの記事