将来のために準備しておきたい「美容皮膚科で開業するために必要なこと」

美容医療へ転職し働く中で「ゆくゆくは開業したい」という思いも出てくることがあります。なかでも美容皮膚科は、美容外科と並んで人気の科目です。近年、美容医療が身近なものと認識されるとともに需要が高まっており、クリニックも増加しています。美容皮膚科は、美容外科と違い切らない施術が多く、技術・知識を習得する際のハードルが低いのも人気の理由となっています。

先々のキャリアを考えるなかで、開業を視野に入れている医師にとっては魅力的に映る分野です。しかし、実際に開業や転職のために動くとなると、開業費用はどのくらいかかるのか・どんな準備が必要なのか・リスクはあるのかといった疑問もあり、最初の一歩を踏み出せない医師も多いのではないでしょうか。

今回は、美容皮膚科で開業するための準備について解説していきます。将来の開業を見据えて、美容皮膚科への転職を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

美容皮膚科は開業しやすいってホント?

美容医療へのキャリアチェンジをめざす際に、美容外科と美容皮膚科のどちらを選ぶかで悩む先生もいます。美容外科は美容皮膚科に比べて必要となる技術・知識の幅が広く、手術も行うため、美容皮膚科よりも高収入の職場が多いのが魅力です。

一方で、美容皮膚科は低侵襲な施術が多く、シミ、シワ、たるみ、くすみ、診療はカウンセリング、レーザー、注入・注射、点滴、投薬などがメインです。美容外科と比べると、他科からの転身がしやすい一方で、求人の平均年収は低くなります。

一見、外科手術など高単価の治療が多い美容外科のほうが収入を得られそうですが、開業のしやすさとなれば、設備費などのコストが抑えられる点では美容皮膚科にもアドバンテージがあります。形成外科や皮膚科の経験がある方、大きな外科的処置をリスクと感じる方、早期に治療のノウハウを身に付けたい方は、美容皮膚科で転職・開業をめざすという道を検討してみてもいいのではないでしょうか。

美容皮膚科の開業をめざして準備しておきたいこと

美容皮膚科を開業したいという医師は増加傾向にあり、ライバルが多い業界です。失敗しないためにも、美容医療業界の動きやトレンド、知識など情報収集する必要があります。

また、開業においては、資金集めや経営マネジメントなどのノウハウも必要になります。ここでは、美容皮膚科のクリニックを開業するにあたり、準備しておきたいこと紹介。今後のキャリアプランや技術・ノウハウの習得にご参考ください。

なぜ開業したいのかを明確にしておく

開業したいという医師は多いのですが、なぜ開業したいのか・どんなクリニックを立ち上げたいのかが明確になっている医師はどれくらいいるでしょうか。

年収をUPさせたい・自分のクリニックを持ちたいという漠然とした動機でもいいのですが、実際に開業するとなると、クリニックのヴィジョンやコンセプトを言語化しておく必要があります。

●開業をめざす最大の理由は何なのか?
●どのような美容医療を強みとするのか?
●将来、どんなクリニックにしたいのか?
●開業するエリアとターゲット顧客は?

大枠のビジョンとコンセプトを決めておくと、クリニックの名前やサービス内容など詳細について考える際の指針になります。

自分の「強み」「弱み」を把握しておく

美容皮膚科の開業に失敗しないためのポイントのひとつとして、自分の強みと弱みを把握しておくことがあります。強みを軸として経営手法やサービスを設計するのが基本です。弱みは最小限にするか、スタッフや外部パートナーにまかせるかを考えなければなりません。

強みを明確にしていくうえで、最初に考えたいのは、これまでの経験の活かし方です。形成外科や皮膚科での臨床経験、患者様からの評価、コミュニケーション力や提案・交渉力などのヒューマンスキルなど、美容皮膚科を開業するうえでアドバンテージになりそうなことを自己評価してみましょう。

強みを整理したうえで、弱みになりそうなことがあれば、現場で経験値を高めるか、自分にない強みを持つスタッフを採用するか、いずれかで解決することになります。患者様に喜ばれるのがやりがいだけど、診療の経験が少ないという若手医師の場合は、早期に美容医療分野に転身を図り、現場で経験値を高めるのもいいでしょう。

自分の強み・弱みと習得すべき知識・スキルをはっきりさせたうえで、転職により身に付けるもの、自ら学んで手に入れるものを仕分けることができれば、次のステップに進むモチベーションを高められるはずです。

開業に必要なお金とノウハウを整理する

コンセプトが明確になったら、クリニックを立ち上げるための費用の算出、資金調達法、経営ノウハウの習得などが必要となります。

できるだけ早く開業したいという人は、クリニックの出店計画、不動産選び、内装、設備、医療機器の調達、スタッフ採用、マーケティング、備品の手配、行政手続きなどについて方法と費用を算出し、資金の調達方法を決めなければなりません。しかし、転職をステップとして開業を実現させたい方は、そこまで詳細に計画を練る必要はありません。目標を明確にして、モチベーションを高めるために、以下について調べておくとよいでしょう。

(1)開業するための費用は、おおよそどのくらいかかるのか
(2)資金調達にはどんな方法があるのか
(3)自分の開業のモデルとなるクリニックは、どんなサービスを提供しているのか

3つめが具体的になれば、転職する際のクリニック選びの条件が決まります。

開業を見据えて美容皮膚科への転職を検討する

転職先候補の美容皮膚科の求人をチェックする際には、経営方針、何を強みとしているのか、どんなサービスメニューをアピールしているのかをしっかり押さえておくようにしましょう。

個々の法人情報や求人情報だけでなく、医療美容業界の動向やサービス・技術のトレンドについても、情報収集しておきましょう。業界の情報を効率よく入手し、求人を出している美容皮膚科の詳細情報は、専門の転職エージェントが熟知しています。

エージェントに相談する際に、将来は開業したいと伝えたうえで、転職先のクリニックに求める条件を率直に話してみましょう。美容医療業界における転職サポート経験が豊富で、経営者や転職成功者とのネットワークがあるキャリアアドバイザーなら、開業にまつわるエピソードや転職先選びの視点についても紹介してくれます。

業界に精通したプロフェッショナルのアドバイスをふまえ、自分の将来につながる転職先を選んで、開業するために必要な技術や知識を習得するのが結局は近道になるのではないでしょうか。

将来開業するつもりが分院長で満足する医師も

将来は開業したいと考えていた方も、分院を任され院長になった時点で、年収や自分のやりたいことができる環境に満足するケースもあります。借り入れをして開業するリスクを背負うこともなく、分院の経営に関わり、休日も取得できる環境はライフバランスを重視する方にも魅力があります。

開業する・しないを決める前に院長を目指すことは、先々どの道を選択したとしてもキャリアにプラスになります。医師転職の美容専門エージェントは、新規分院の開院予定を事前に情報取得しており、今後の事業拡大も予測できていますので、院長職を視野に入れての転職を希望することを伝えておくとよいでしょう。

まとめ

美容皮膚科で開業したいという医師が多いなかで、着実に経験やノウハウを手に入れて成功するためには、将来のヴィジョンと開業するクリニックのコンセプトをしっかり描くのが第一歩です。そのうえで美容皮膚科に転職して経験を積み、院長が務まるような知見やノウハウを身に付けるようにしましょう。

美容医療業界に特化した転職エージェント ドクターコネクトは、17年の実績があり、多数のクリニックとのネットワークがあります。クリニックの無料見学会を実施しており、転職活動をトータルにサポート。開業志望の医師のキャリアプランについても、実在のクリニックの事例をふまえてアドバイスしています。美容皮膚科で開業したい方、目的に合った美容皮膚科の求人を見つけたい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

女性医師が活躍!美容皮膚科への医師転職

子育て中や家庭を優先したい女性医師におすすめ

お子様がまだ小さいのに一緒に居てあげられる時間が少ない、旦那様も医師で互いに多忙ですれ違いばかりなど、女性が医師として働くには諦めなければならないことが多くあります。
美容皮膚科への医師転職は、常勤、非常勤ともに女性医師に人気があり、スタッフも女性が多いため育児中の女性に配慮したクリニックが多くございます。
そのため、様々な家庭的事情をお持ちの女性医師に人気の科目・勤務先となっています。
子育て中の女性医師に人気の美容皮膚科

「保育園の近くで勤務したい」
「夜は家族と過ごしたい」
「子供に合わせて休日を取りたい」
「妊活したいけど忙しくて」

どのようなご要望でも、まずはお聞かせください。
専属のエージェントが先生のご要望に沿ったクリニックをご紹介、転職から入職までフルサポートいたします。

週3日からの勤務可能!ママさん医師におすすめの医師求人

【 美容皮膚科 常勤医師】脱毛、アートメイクなどがメイン|週3日~勤務可|大阪 心斎橋

おすすめの記事