求人検索
お役立ち記事

美容皮膚科医師の年収と、開業医と勤務医のメリット・デメリット


戻る 2023/05/16
美容皮膚科医師の年収と、開業医と勤務医のメリット・デメリット

美容皮膚科医師の年収は?

美容皮膚科の医師へ転職を考えていると年収相場は一番気になるところと言って過言はありません。
いわば転職で面接する前に知っておくべき必須情報でもあります。
ここでは一般的な美容皮膚科医師の年収と、地域の年収傾向、収入だけでは見えない開業医と勤務医のメリット・デメリットをご説明します。

美容皮膚科医の平均年収

美容皮膚科の医師年収もいろいろあり注入系からAGAや再生医療と多くのジャンルが存在しますが、まずはざっくりと開業医と勤務医で異なります。

開業医では年収平均 約2,000万円~3,500万円
勤務医では年収平均 約1,000万円~2,300万円

医師年収が他の診療科目よりも非常に高いとされていますが、これは売り上げもたつ自由診療分野の範囲が大きい事が理由となります。

特に開業医となると、資金や経営能力、施術経験などはありますが、自身で施術料金を決め集患することで収益を上げることが可能なためです。

美容皮膚科医師の年収に地域差

美容皮膚科の医師年収は地域によっても違いがあります。

大手美容外科の美容皮膚科専任を除いて、全国で比較的高めに求人がでている地域は東北地方で年収2,000万円以上と非常に高年収です。
次に年収1,700万円~1,900万円の層に九州、北海道、関西、中国。
年収1,400万円~1,600万円の層に関東、中部となります。

勤務する地域を変えるだけでも年収を大きく変えることができるとも言えます。
しかし、地方都市で高給である場合、常勤医師が一人で大半の業務を担っており、管理医師手当てなどが含まれていることがありますので、エージェントに確認するのも良いでしょう。

複数の医師と切磋琢磨し、技術を身に付けたいタイプの医師であれば大手クリニックや関東エリアを選ぶなど、ご自身のキャリアやライフプランと合わせて検討するのもおすすめです。

美容皮膚科医師の年収には表れない開業医、勤務医のメリット、デメリット

ここまで年収にスポットを当ててお話ししましたが、この収入には表れない開業医、勤務医のメリット、デメリットにも触れてみたいと思います。

開業医のメリット

  • 自分の求めるクリニック像を実現できる。
  • 口コミ/SNS/広告/SEOなど、集患次第で収益を大きく伸ばすことができる。

開業医のデメリット

  • お客様対応、社内的トラブル・雇用関係、経営・運営マネジメントなど医療以外の業務が多発する。
  • 看護師・受付・事務長など優秀な人材の確保や毎月の人件費が発生する。
  • 最新の美容皮膚科のトレンド・治療方法、勉強などを自ら進めていく必要がある。
  • 店舗賃貸料、WEB維持費、WEB広告費・集客に掛かる毎月数百万の費用が発生する。

勤務医のメリット

  • 美容皮膚科の施術、注入やレーザー等医療業務に集中できる。
  • 大手美容クリニックでは研修制度が整い最新の情報勉強会を行っている。
  • 医師年収アップと組織のバックアップがあり心身共に安定している。

勤務医のデメリット

  • 開業を考えた場合、マネジメントスキルなどを学ぶ機会が少ない。
  • 経営の好不調は現場に落ちるまで時間がかかる
  • 組織での活動が苦手な方には自由が制限され窮屈に感じる

このような面も結果的に収入を左右しますが、勤務地域や大手クリニック所属などで自在に上下することも可能です。転科・入職1年目に経験できる施術数、症例数をエージェントに相談し、2年目3年目の医師キャリアやご相談医師の背景などをヒアリングしキャリアプランを提案してもらうのも良いと思います。実際に開業を視野に美容皮膚科への転職をする医師は毎年おられます。

美容皮膚科の大手クリニックであれば医師の年収2,000万円を越えるところも


大手クリニックであれば、勤務医でありながら開業医と同等の年収2,000万~2,300万円以上を実現するクリニックも出てきます。
地域による年収差も無く、勤務医と同じメリットを得ることができるのが大きな魅力です。
また、マネジメントを学ぶ機会を設けているところなどもあります。

研修医・転科医師の転職にあたっても見学会を行い迎え入れるなど、こんなはずではなかった…とならない体制づくりに取り組んでいる大手クリニックは多数あります。

大手美容外科での美容皮膚科専任勤務医のメリット

  • 医師年収は2,000万円~2,300万円などで高収入可能。
  • 1年間で経験できる施術数が医局とは桁違い。
  • 医師研修制度の整備がすすみ、最新の教育体制が整っている。
  • 様々な施術スキルを学ぶ機会があり先輩医師の指導がうまい。
  • 知名度があるため集客負担が少ない。
  • マネジメントスキルを学ぶ機会を設けているクリニックもある。

美容皮膚科の医師年収平均よりも高く、多くのスキルを学べる大手クリニックが転職先として人気があるのは、このような背景もあります。

ドクターコネクトでは、今回紹介しました年収2,000万円を越える求人情報も全国規模で網羅。見学会のご案内も揃えております。

また、転職を考えている医師の方にとって毎日忙しい中求人情報をチェックすることは難しいと思います、ドクターコネクトでは専属の転職エージェントがヒアリングを行い希望に沿う求人をご案内しますのでぜひご相談ください。

未経験・転科の医師が転職で検討するべきこと

未経験・転科の医師が転職で検討するべきこと

美容医療に転職する医師の9割が未経験・転科です。ドクターコネクトでは、まずは大手美容クリニックをおすすめしますが、それは研修制度や福利厚生が充実しており、安心してご就業いただけるからです。

大手美容クリニックで経験を積むことのメリットはそれだけではありません。こちらの記事では、医師転職エージェントの見解を交え、様々なメリットをご紹介しております。

美容医療への転科をご検討の先生は、ぜひご一読ください。

美容未経験の医師に大手美容クリニックを薦める理由

お役立ち記事

医師転職で大手美容外科クリニックへ:転職前に気を付けたい「メリットとデメリット」

2024/02/20
ドクターコネクト編集部
この記事の監修者
ドクターコネクト編集部
こちらの記事は、ドクターコネクト編集部が監修しています。


お役立ち記事の新着記事

新着求人

応募条件


働き方


将来性


給料


立地・勤務地



記事を探す


キーワードから記事を探す

エージェントが直接答える
医師転職支援サービス

記事を読む時間がない!
不安が解消されない!
もっと詳しく知りたい!

その声にエージェントが直接お答えします。
どんなささいなことでも、ぜひご相談ください。