女医が多い診療科目とその理由は?

女性の医大生や研修医の方、診療科を選ぶ際に悩んだことはありませんか?

医師として働いていくなかで、結婚や出産、育児などのライフイベントを迎えることもあるでしょう。その時、いかに女医が家庭と仕事を両立できるか、両立できる環境が整っているかは重要な問題ですよね。

こちらの記事では、女医が多く働く診療科目をご紹介いたします。これから診療科目を考える方、結婚や出産を目前とした方は、ぜひ参考にしてみてください。

皮膚科・眼科・産婦人科・小児科

女医が多く在籍する診療科の代表は、皮膚科・眼科・麻酔科・産婦人科・小児科です。

オンとオフを分けられる皮膚科・眼科、人員が多い麻酔科

皮膚科や眼科、そして麻酔科は女性医師が多い科の代表です。理由としては、仕事の時間としてのオンとプライベートのオフがはっきりしており、長時間の手術やオンコールなどもありません。結婚や出産をしても勤務しやすいという点で、魅力がある科目と言えます。

麻酔科は医局の中でも比較的人員が多いので、妊娠中・小さな子供を持つ女医は休みを取得しやすいでしょう。

ただし、医師年収では皮膚科・眼科は約1000万円。勤務医の平均年収は約1300万円程度ですので、平均よりも少し低い額です。今後はもっと年収を上げたいと、開業医を目指す方も多くいらっしゃいます。

女性の患者が多い産婦人科・小児科

産婦人科の患者は女性のみ、そして小児科では、患者である子供に付きそう親のほとんどは母親です。つまり、女性を相手にすることが多い診療科は、必然的に女性の気持ちがわかる医師が増えますよね。

もともと子供が好きな女医や、生命の誕生に感動を覚える方であれば、好きなことを仕事にしているので、ハードな仕事でも乗り越えていけると思います。

年収は維持して家庭と両立!美容皮膚科

皮膚科に従事している医師は、結婚や出産を機に美容皮膚科に転科することが多いです。なぜかというと、一般の皮膚科や眼科はオンオフがはっきりしていますが、勤務中は目まぐるしく1日が過ぎて行くくらい多忙だからです。

一方、美容皮膚科は体力的にそこまで多忙ではありませんし、オンオフも切り替えがはっきりしています。

また、子育てをするにはお金がかかるので、育児をしながらでも働きたいが年収は下げたくないと考える女医も多いです。美容皮膚科の年収は(ドクターコネクトの求人案件で比較)1000万~2000万、常勤週5日で2000万を超える求人もあります。

まとめ

美容皮膚科は女医が多く就業しているため、女性が働きやすい環境を整えることに尽力している美容クリニックが多くあります。しかし、実際に入職してみると「話が違う」ということも起こり得ます。

そのようなことにならないよう、クリニックの内情に詳しい医師転職エージェントの情報力を借りてみてはいかがでしょうか。

ドクターコネクトのエージェントは何よりもマッチングを重視し、医師一人ひとりに沿ったご案内をしております。転職をお考えの際は、無料の医師転職相談を是非ご利用ください。

おすすめの記事