一般内科医師の年収アップは美容業界がカギ

一般内科は、数ある診療科目の中でも最多人口の診療科に当たり、その数はおおよそ3万人弱にもなります。比例して、求人ニーズが高い科目でもあるので、転職先も多いと言えます。
今回はその一般内科の医師転職で年収を上げるにはどうしたら良いか、求人内容やおすすめの業界などをご紹介いたします。

求人ニーズが高い一般内科

内科診察一般内科の医師は、人々の日常生活に密接した治療を行なっており、些細な症状の変化にも気が付ける観察力と判断力を持ち合わせていますよね。通常の外来や病棟の業務以外にも対応できる幅広いスキルを持っている医師が多く、開業を目指す医師には経験を積むことができると人気な科目です。

最多人口の診療科であることと、開業するに当たって必要な幅広いスキルが身に付くこともあり、求人のニーズが高いと言えます。

一般内科の年収事情

都市部より地方が高収入

地方

一般内科の求人に関しては全国どこにでもありますが、比較的都市部よりも地方のほうが高収入を得やすいと言われています。主要都市ではクリニック勤務が多いことに対し、地方では当直や時間外勤務のある病院の勤務が多いためです。さらに近年の少子高齢化の進行により、地方病院の患者の多数は高齢者であり、その数は年々伸びております。この現状も理由の一つと言えます。

年収はどのくらい?

一般内科の年収は、平均1300万円前後と言われております。その中でも、年齢別と地方別でそれぞれ一番多い年収帯をご紹介します。

年齢別年収
  • 20代:1000万円未満のみ
  • 30代:1000万以上1400万円未満(全体の約6割)
  • 40代:1000万以上1400万円未満(全体の約5割)
  • 50代:1400万円以上2000万円未満(全体の約5割)
  • 60代:1400万円以上2000万円未満(全体の約4割)
地方別年収
  • 北海道・東北:1400万円〜2000万円以上(全体の約8割)
  • 関東:1000万円〜2000万円未満(全体の約8割)
  • 中部:600万円〜1400万円未満(全体の約9割)
  • 関西:1000万円〜2000万円未満(全体の約6割)
  • 中国・四国:1000万円〜2000万円未満(全体の約7割)
  • 九州・沖縄:1000万円〜2000万円未満(全体の約9割)

一般内科の転職は希望が通りやすい

一般内科に当たっては、求人数が多いので希望条件を考慮してもキャリアアップを見込むことができます。常勤・非常勤のどちらでも働き方を選べる利点があり、また都市部だけではなく全国各地で募集をしているので、比較的勤務地を選ぶことも可能です。ただし選択肢が多い分、転職活動を開始する前に、今後のご自身のキャリアをしっかり考えておくことが重要です。

一般内科では、経験年数の最低ラインを決めている求人も多く見られます。これは、ある程度の経験を積んでいる医師に対してニーズが高いことが分かります。

年収アップには今注目のアンチエイジング内科

アンチエイジング内科そこでドクターコネクトでは、一般内科の医師転職をお考えの方に「アンチエイジング内科」をおすすめしております。

近年よく「アンチエイジング」という言葉を耳にすることがあると思いますが、アンチエイジング内科とは、元々人間が持っている最善の健康状態にするために、必要以上の老化を防いで体質の改善を行う治療法です。

近年では、アンチエイジング内科(美容内科)は身体の内側から美しさを求める医療分野として注目されております。そのため、今後は「身体の内側からも外側からも美しく健康を持続したい!」と考える方が増えると言われております。それに伴い、外科的なものではなく、美容内科を提供できる医療施設も増加することが考えられます。

大手美容クリニックは都市部だけではなく、地方も強化を続けています。今までのような美容=都市部という概念が崩れ始めています。

ドクターコネクトでは美容業界の求人を多数取り扱っております。少しでもご興味ございましたら、ぜひお気軽にご相談くださいませ。ご希望のエリアも合わせてドクターコネクトにご相談ください。

おすすめの記事