医師転職「女性医師が働きやすい美容外科」選ばれる5つのポイント

結婚、出産、育児、介護…ライフステージに合わせた柔軟な働き方を選びたい女性医師の方へ、美容外科や美容皮膚科などの分野への転職を検討したことはありますか?

美容医療に興味がある方、今後のために知っておきたい方に向けて、「女性医師が働きやすい美容外科」の選ばれるポイントと、求人情報の探し方をご紹介いたします。

女性医師に選ばれる美容外科・5つの理由

美容外科で人気を集めているのは、働きやすいクリニックです。女性医師が注目する求人に共通する「5つのポイント」を紹介します。

ポイント1 当直やオンコールがない

美容外科は、当直やオンコールがなく、プライベートの時間を確保しやすいのが最大のメリット。医師として技術や知識を磨く時間が欲しい人、家族との時間を大事にしたい人は、残業が少ないクリニックに絞って転職活動をするとよいでしょう。

ポイント2 働き方を選べる

働き方を選びやすいのも、美容外科の魅力です。美容医療機関の求人は、常勤・非常勤・アルバイトなど多様な勤務形態があり、産休や育休の利用率が高いクリニックなら安心して子育てに集中できそうです。常勤の医師として復帰したものの、常勤を検討し始めているという人も、美容外科への転身を視野に入れて検討するといいのではないでしょうか。

ポイント3 時間外労働が少ない

大学病院など医局では、診療時間後にカルテの記入や整理など大量の業務が待っていたり、急患を受け入れたりするので、残業や休日勤務が当たり前になっているところも多いようです。

一方、美容外科は、時間外労働が少ないクリニックも珍しくありません。予約制が多く、営業時間が決まっているため、急な残業が少ないのも人気の理由となっています。

ポイント4 緊急対応が少ない

内科や外科なら、急患、緊急の手術、入院は当たり前。患者様の命に係わる症状なら、何をおいても治療を優先させなければなりません。しかし、美容外科を訪れる患者様は、即時対応が必要な病気ではないので、急患や緊急の手術がありません。時間外労働や残業が増えることがなく、家庭を優先したい人に向いている科目といえます。

ポイント5 勤務医の男女比率のバランスがいい

美容医療業界では、カウンセリングに時間を掛け患者様の気持ちに寄り添ったコミュニケーションを大切にしており、元々共感力が高いとされる女性医師の活躍の場が多いです。近年増えている女性器のオペなどは、ほとんどの患者様が女性医師を希望されます。

多くのクリニックで、既に女性が活躍しているのも、転職先として人気が高い理由のひとつになっているのではないでしょうか。スキルアップやキャリアだけでなく、家庭や育児、介護などさまざまな悩みを共感してもらえる先輩がいれば、不安なく働き続けられそうです。

美容外科の仕事と転職のプロセス

美容外科は、見た目の悩みに対する治療が大部分を占めるので、患者様と密にカウンセリングを行いながら、丁寧に施術することが求められる仕事です。

美容外科へ転職するために身につけておきたいこと

美容外科の施術は、患者様にとっては一大イベント。高額な美容医療費を支払うわけですから、当然、理想の「美」が叶うことを期待して来院されます。トラブルが発生すると、クレームにつながるケースもあるので、技術だけでなくコミュニケーション能力やニーズを把握するスキルも磨いておかなければなりません。

美容医療業界は、未経験でも転職できる求人が多い業界です。それでも、実際に転職する際は、専門技術やコミュンケーション力を磨けるクリニックを選び、スキルアップしていくことが大事なポイントとなります。

女性に人気の美容医療業界。求人はどうやって見つける?

「美容外科や美容皮膚科に転職したいけど、クリニックや求人情報の探し方がわからない」とお悩みの人は、転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。キャリアアドバイザーに年収や働き方など要望を伝えると、条件に合った美容医療機関を紹介してもらえます。

医師専門の人材紹介サービスであるドクターコネクトは、常勤・非常勤・アルバイトなど美容外科や美容皮膚科の求人を多数取り扱っています。美容医療機関の求人件数は業界No.1(2019年当社調べ)。転職の意志が固まる前でも、業界の動向や年収相場の確認、転職活動の進め方についてのアドバイスなど、さまざまな情報収集や相談が可能です 。

女性医師の転職体験談

A医師
忙しい時期と結婚が重なったのが、転職を考え始めたきっかけです。手術件数の増加に伴い残業時間が増えたため、今後の働き方について考えるようになりました。大事にしたかったのは、家族です。転職エージェントに、『週4日勤務』『当直、残業なし』『交通の便がいいこと』といった条件を伝え、これなら家庭と両立しながら長く働けそうと思える転職先を見つけてもらいました。

B医師
非常勤として、いくつかの医院を兼務していたのですが、子供の養育費もかかるため、常勤で働くことを決意しました。希望条件は『自宅から通勤1時間以内』『年収1000万以上』『常勤で週5日』。キャリアアドバイザーから、ほぼぴったりのクリニックを紹介していただき、美容皮膚科に転職することができました。美容医療は未経験だったのですが、研修制度が充実したクリニックだったので、非常勤で勤めたときよりも丁寧な研修を受けることができました。未経験でも転職に成功できて、エージェントに相談してよかったです。年収も希望額の倍となり、満足しています。

転職するなら知っておきたい求人情報の探し方

「プライベートの時間を大事にしたい」「家庭と仕事を両立させたい」という女医が転職する際の基本条件として、「当直がない」「残業がない」などが考えられます。これらの条件で探すなら、求人情報サイトで検索するという手段があります。しかし、「育児に理解がある」「柔軟な働き方ができる」といった社風やカルチャーに関する希望は、求人に記載されている情報からは読み取れなかったりします。

勤務地や給与など、数字や言葉で把握できる条件以外に対するこだわりがある方には、転職エージェントを活用することをおすすめします。カウンセリングで、転職の背景やキャリアプラン、細かい条件を伝えて紹介を依頼すれば、自力で探すよりも的確な求人を提示してくれるでしょう。

求人の紹介以外にも、業界の動向や転職に関するさまざまな疑問や悩みを聞いてくれたり、職務経歴書のまとめ方や面接時の対応についてアドバイスしてくれたりします。転職が初めてという方は、エージェントに登録し、一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

結婚・出産をきっかけとして、これまでの働き方や今後のキャリアに疑問や不安を抱くようになる女性医師が多いようです。技術・知識を高めるための時間がほしい、やりがいを感じられる仕事がしたい、医師として納得のいく経験やキャリアを積み上げたい…。仕事もプライベートも充実させるべく、美容外科医への転身をめざすなら、美容医療専門の医師転職ドクターコネクトをご利用ください。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、女性が仕事を続けていくうえで大事にしたい条件を踏まえて、個々のニーズに合った求人を提案しています。どんな仕事をしたいのか、どんな働き方を望んでいるのかを明確にするお手伝いをしますので、気軽にお声がけください。美容外科医としての経験とノウハウを早期に得られれば、育児がひと段落した後に、常勤や開業といった選択肢を手に入れることも可能になるのではないでしょうか。

女性医師が活躍!美容皮膚科への医師転職

子育て中や家庭を優先したい女性医師におすすめ

お子様がまだ小さいのに一緒に居てあげられる時間が少ない、旦那様も医師で互いに多忙ですれ違いばかりなど、女性が医師として働くには諦めなければならないことが多くあります。
美容皮膚科への医師転職は、常勤、非常勤ともに女性医師に人気があり、スタッフも女性が多いため育児中の女性に配慮したクリニックが多くございます。
そのため、様々な家庭的事情をお持ちの女性医師に人気の科目・勤務先となっています。
子育て中の女性医師に人気の美容皮膚科

「保育園の近くで勤務したい」
「夜は家族と過ごしたい」
「子供に合わせて休日を取りたい」
「妊活したいけど忙しくて」

どのようなご要望でも、まずはお聞かせください。
専属のエージェントが先生のご要望に沿ったクリニックをご紹介、転職から入職までフルサポートいたします。

週3日からの勤務可能!ママさん医師におすすめの医師求人

【 美容皮膚科 常勤医師】脱毛、アートメイクなどがメイン|週3日~勤務可|大阪 心斎橋

おすすめの記事