年収?結婚?キャリア?女医のベストな働き方とは

女医は勤務していく中で、様々な悩みがつきないですよね。

  • 結婚したとして出産はどうしよう…
  • 出産したいけどキャリアが…

女医にとってのベストな科目とはどういったものなのか?どうしたら、自分にとってベストな働き方を見つけることができるのか?といった疑問や悩みについて、今回は掘り下げていきます。

女医はどんな時に転職を考える?

女医はどんな時に転職を考える?女医の多くの方は、「結婚」と「出産」のライフイベントが発生する際に、「転職」を考えるようです。これは女医に限った話ではないかもしれません。
特に20代〜30代がキャリアを考えていく上で、どうしても「結婚」「出産」「転職」のキーワードは重なるものです。働き盛りの方々が、一時的とはいえ現場から離れてしまうことは痛手となってしまい、現場側も女医側も気後れしてしまいます。

そうなってくると、キャリアの継続と結婚・出産・育児を両立できる環境を求めて転職を考える状況が多いようです。

こんな働き方をしたい

キャリアと結婚・出産・育児を両立させたい女医の方々はどのような働き方を望んでいるのでしょうか。

パートナーと時間を合わせられるよう、医局をやめて非常勤で働きたい
(20代・外科)
子供を仕事場に連れて行けて、子供が過ごせるスペースが欲しい
(30代・小児科)
子供に合わせた時短勤務をしたい(30代・内科)
急に子供が体調を崩すなど、子供のアクシデントに対応できる職場の体制が欲しい(20代・麻酔科)

このような声が上がっています。医師以外の職種であれば、探すことは難しくないでしょう。ですが、医師といえば他の職種以上に自分の代わりが見つかりにくいもの。この条件に合い、かつキャリアを継続できる環境を探すことはなかなか難しいですよね。

女医にとってベストな科目とは

女医にとってベストな働き方とはそれでは、その環境を作るためにはどうしたらいいのでしょうか。勤務形態が自分の条件と一致する職場をひたすら探す以外に、一度他の科目を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

女医にこそおすすめしたい美容医療

自分にとってベストな環境を作りたいと望んでいる女医におすすめしたいのが、美容医療の業界です。
まずはなぜ美容医療がおすすめなのか、メリットをご紹介いたします。

  • 高収入
  • 当直やオンコールがなく残業時間が少ない
  • 常勤・非常勤・アルバイトなど勤務形態を選びやすい
  • 産休・育休ありの美容クリニックもある
  • 未経験でも転職が可能
  • 患者の反応が直に感じられるためやりがいがある
  • 女医ならではのセンスを活かせる

まずこれだけのメリットが挙げられます。
非常勤で勤務していると、収入の面も不安になってきますが美容医療は高収入で勤務できるクリニックが多くあります。
メリットの詳細は以下の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

美容医療で活躍する先生

実際に、美容医療業界未経験からでも活躍されている女医の先生は多くいらっしゃいます。美容医療の世界は入ることに不安はなかったのか、美容医療での勤務にストレスなどはないか、などをインタビューした記事をご紹介いたします。

「30代は婚活ばかりしていました」と笑う、コッツフォード良枝先生。女医としての波瀾万丈なご経験とエピソード、そして結婚・出産後のキャリアについて語っていただいたインタビュー記事となっております。自身のキャリアプランの参考として、ぜひご覧ください。

まとめ

女医は勤務していく中で、「結婚」「出産」「転職」のキーワードが特に20代〜30代を中心に悩みとして挙げられます。キャリアと両立させるために、育児しやすい環境で勤務したいなどの希望もあって、自分のベストな働き方を探している方も多いでしょう。

ベストな働き方をするために、美容医療業界を検討してみてはいかがでしょうか。高収入かつ勤務時間が安定しているなど、勤務することによるメリットが多々あります。

ドクターコネクトでは美容医療転職のサポートを行っておりますので、以下よりお問い合わせください。

お問い合せフォームバナー

LINEでの転職相談も承っております。まずは気軽に相談してみたい、という方はLINEからどうぞ。

友だち追加

おすすめの記事