医師面接で待遇面について質問しにくい時は?

医師は基本的に人材不足の傾向があり、「面接は顔合わせ程度」という認識がありました。しかし最近では、面接の内容によって不採用になってしまう場合もあるのです。
そして転職するにあたって待遇面は気になるもの。面接時にスマートに聞くにはどうしたらいいのか?それを今回の記事で解説いたします。

医師面接で注意するポイント

医師面接では、どのようなことに注意したらいいのでしょうか。まずは注意するポイントについて解説していきます。

面接は第一印象が決め手!

面接は第一印象が決め手!医療機関の採用担当者が面接時のチェックポイントとして、まずあげるのが「人柄」です。患者ときちんと意思疎通をして適切な治療ができるか、他のスタッフと円滑なコミュケーションが取れるかを、懸念して見ている訳です。

人柄を見る上ではまず、第一印象が重要です。第一印象を左右するのは「外見」。あまりにラフな服装で面接に行ってしまうと、入職意欲が低いとみなされてしまう可能性もあります。服装だけでなく、男性医師であればヒゲや爪の手入れ状態など、清潔感を意識して細かいところも気を配れるといいでしょう。女性医師は派手なメイクやネイルは避け、当日はストッキングの予備などを持っておくと安心です。きちんと外見にも気を使い、誠実な対応があると好印象となる可能性が高くなります。

待遇面の質問はどのくらいしても大丈夫?

待遇面の質問はどのくらいしても大丈夫?第一印象の次はきちんと受け答えができるかどうかです。質疑応答があった場合には、「逆質問」をして、ネガティブな質問でなければ積極的に質問し、入職意欲のアピールをしていきましょう。しかし、待遇に関わる質問はなかなか聞き辛いものですよね。ストレートに多くのことを聞きすぎると、「この人はうちの病院に好待遇だけを求めて入ってくるのか」などと、印象を下げてしまいかねません。

それでも入職する上では、きちんと聞いておきたいところです。では、どのようにするとスマートに待遇面について質問できるのでしょうか。

自然なやりとりの流れだと尋ねやすい

待遇面を質問する際で大事なのは、「自然なやりとりで尋ねる」ということです。かしこまってストレートに質問するよりかは、会話の中で尋ねていくと自然です。

例えば、「全体の勤務時間としては1日◯時間で、休みの時はみんながしっかり1日休めている」と言われた際に「なるほど。ではオンコール勤務などはないのですね」と言った風に「尋ねて」みると悪印象になる可能性も低くなるでしょう。

転職エージェントを利用する

それでも聞きたいことが多くてどうしたらいいのか、という方は転職エージェントの利用をおすすめします。

待遇面の交渉をエージェントに任せる

転職エージェントを利用する

もしエージェントに相談している場合は、代理で質問をしてもらうことが可能です。また転職エージェントは医師転職数々の案件を取り扱っているので、待遇面の情報に詳しいです。医療機関とのやりとりの中で、待遇面など内部の情報を把握しているため、エージェントに聞いてみることをおすすめします。

待遇についての要望があれば、交渉して希望条件に近づけてくれるように努めてくれるエージェントもいます。質問しにくいことや、交渉しにくいことも第三者を通すことでトラブルを避けることにもつながります。

エージェントに相談することで、転職を有利に運ぶこともできます。ドクターコネクトでは転職コンサルタントを承っておりますので、詳しくは以下の記事をご覧ください。

参考記事:第1話:転職エージェントに依頼するメリット

転職時のパートナーとして、ぜひドクターコネクトのご利用をご検討くださいませ。

まとめ

医師面接では、「人柄」を重点的に見る場合が多いです。「人柄」を見る上では、第一印象が重要なので清潔感を意識した身だしなみを心がけ、誠実な対応をしましょう。

待遇面を質問したい時は、会話の中でなるべく自然に尋ねるようにすると悪印象になる可能性が低くなります。また、エージェントを利用することでより質問しやすく、有利に転職活動ができるので検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事