過労死

医師は労働時間が長く、残業時間や休日出勤が多いですよね。事実、医師の労働時間は一般職と比較すると過労死ラインを超えるくらいになっています。そんな労働状況が過酷な医師にとって、もっと健康的に働ける業界を詳しくご紹介いたします。

医師の過酷な現状

労働時間昨年政府が実施したアンケートによると、病院での残業時間が月80時間を超える勤務医の割合は、全体のおよそ3分の1に該当します。残業時間上限は一般医師で月間80時間です。この月間80時間には、過労死ラインとして労災認定に当たります。さらに、研修医や地域医療に携わる特定の病院の医師の残業時間上限は月間155時間にも及びます。

人の命を守るお仕事といえども、医師も人間です。非常に過酷な労働環境であると言えるでしょう。一般労働者の残業時間上限は月間60時間とされている中で、この残業時間はあまりにも長く、いつ過労死してもおかしくないですよね。ではなぜ、勤務時間が長くなってしまうのでしょうか?

医師の残業時間が長くなる理由は?

急患の対応

救急

命に関わる仕事を担っている以上、救急や入院患者による緊急の対応は必須です。どんな病気がいつ発症するかはわからないので、その場でしていた事務作業などは後回しにしなければなりません。もちろん休日であっても、急患によって病院から連絡が入ることもあります。

診断書やカルテの書類作成

診断書作成

患者の診察後の診断書やカルテ等の書類作成に時間を要します。一人ひとりの患者のデータを、詳しく正確に記しておく必要があるからです。また、医師だけでなく看護師にとっても書類の作成が負担になっているのが現状です。

患者への病状説明対応

説明

医師は、診察を行なったり手術を行ったりすると、病気の症状や治療などを患者本人へ病気の説明をする必要があります。本人だけではなく、患者の親族にも説明することもあり、患者や親族の理解を得ることが大切です。

美容業界で医師として活躍する

美容医療業界医師は人の命を救うことができる、誇りあるお仕事です。しかし医師自体の身体を壊しては元も子もありません。そこでおすすめしたいのが、もっと健康的でありながら、医師としてしっかり活躍できる「美容医療業界」です。

美容医療業界は、もっと美しく若々しくなりたい方への技術的施術をするお仕事です。そのため、体調不良を訴えたり急遽病気になった患者の対応はありません。また営業時間が決まっているので、当直や夜勤などもないので身体的にも健康に働けます。

近年では、女性の美容医療に対する敷居が下がり、需要が増えていることが挙げられます。さらに女性だけでなく、男性のためのクリニックも増設しているのが現状です。美容医療業界は今後もますます伸びていくでしょう。

美容業界は過労死がなく残業も少ない

快適一般医師や地域医療に特化した医師に比べ、比較的労働環境が整っている美容業界。医師として働くことも、ひとりの人間として人生を充実させること、どちらも大切ですよね。

ドクターコネクトでは、美容医療の求人を多数取り扱っております。これを機会に転職を考えてみませんか?少しでもご興味ございましたら、なんでもご相談くださいませ。

おすすめの記事