美容外科医が高収入な理由とは

一般的に美容クリニックなどの自由診療における医師の給料は、保険診療に比べ高いという印象を持つ人が多いようです。

医師転職支援サービスのドクターコネクトでは年収2,000万~が多く、当直もなく定時上がり、土日休みという条件のところも多く見受けられます。保険診療、病棟勤務でこの破格な年収はなかなか見つからないと思います。

ここでは自由診療の年収がなぜ高いのか、またその働きぶり等を深堀りしていきます。

美容整形外科医とは主に「美容整形の手術」を行う医師の事で、主に美容クリニックに勤務しています。

保険診療への転職の際に「美容外科医になるには専門医が必要なのか?」と言う質問が多く寄せられます。実際にドクターコネクトで医師転職される方の9割が未経験であり、美容で有利になる専門医は取得していません。

美容医療業界に入職してから学会に所属し、専門医を取得する医師がほとんどです。

年収について

良くテレビ番組で自由診療や美容整形外科で働く医師が紹介される機会がありますが、一般的に美容整形外科医師の平均年収は約2,000万円~3,000万程度と紹介されることが多いです。インセンティブで8,000万円という医師もいらっしゃいます。

ドクターコネクトでも求人検索で調べて頂ければ3,000万円以上のクリニックが多数あります。自由診療、保険診療との大きな違いについてはやはり年収ベースで大きく違う点が挙げられます。

では自由診療が年収が高い理由はなぜでしょうか?

自由診療の年収が高い理由

一般に美容整形は「自由診療」として手術料金が設定されています。自由診療とは、公的な医療保険が適用されない医療技術や薬剤による治療のことです。

治療にかかる費用はすべてお客様側の負担(10割負担)となり、クリニック側は料金や施術内容などを自由に決めれる点があります。もちろん高い料金の分、安心・安全で最新の医療と「美」を提供しなければなりません。

クリニック側は余裕を持った料金設定が可能ですので、必然的に医師の年収も高くなります。これを受けて「法外な値段だ」とメディア等でも騒がれる事もありますが、決してそんな事はなく、医師にも余裕のある年収と時間をクリニックが提供し、よりお客様の要望を満たすことに注力できる美容医療を実現するためです。

自由診療で働く多くの医師のモチベーションやマインドスキルは高く、温和で話しをしやすい医師が多く見受けられます。一般の病院であれば診察が中心で診察料を基本収入としていますが、美容外科の場合は手術が中心となるため大きなお金が動きやすく、その分収入も増加しやすい側面があります。

美容整形外科医は実はプレッシャーやリスクの高い職業

内容だけ聞くと美容整形外科医はお金に余裕があり、自由が利き、安心して自分のライフワークを楽しんでいる。と思われますが、決して楽な部分ではない事も記事として取り上げなければなりません。

稀にではありますが、ドクターコネクトへ転職の医師で「簡単で儲かるから美容外科医になりたい」と仰る方がいます。

しかし自由診療は「結果が明らかに見える手術」がほとんどであり、ごまかしがきかず間違いが許されません。それ故に保険診療とは異なるプレッシャーがあります。

クリニックは自由診療、美容外科への転職を望む医師には充分な会社説明と使命、やる気や想いを知って頂く様な面接体制を整えています。院内見学や入職後の研修制度が充実したクリニックもありますので、転職を検討する際には、まずエージェントに相談することをお勧めします。

自由診療へ転職を希望する医師の悩みを改善します。まずはLINEで無料相談を。

今後も私たちドクターコネクトでは近年の医師の実態や悩みを包み隠さずクローズアップし、そこから救いの手を差し伸べる事ができるサポートを全力で行います。まずは気軽に無料で相談できるLINEサポートを開設しました。よろしければぜひ一度お試しください。

おすすめの記事