美容皮膚科医師の年収と、開業医と勤務医のメリット・デメリット

美容皮膚科の医師へ転職を考えていると年収相場は一番気になるところと言って過言はありません。

いわば転職で面接する前に知っておくべき必須情報でもあります。

ここでは一般的な美容皮膚科医師の年収と、地域の年収傾向、収入だけでは見えない開業医と勤務医のメリット・デメリットをご説明します。

美容皮膚科医師の年収は?

美容皮膚科の医師年収は、まず開業医と勤務医で異なります。

開業医では年収平均約2000万円~3000万円
勤務医では年収平均約1000万円~2000万円

年収が他の診療科目よりも非常に高いとされていますが、これは自由診療分野の範囲が大きい事が理由となります。

特に開業医となると、資金や経営能力、施術経験などはありますが、自身で料金を決め集患することで収益を上げることが可能なためです。

美容皮膚科医師の年収には地域差もあります。

美容皮膚科の医師年収は地域によっても違いがあります。

全国で唯一年収2000万円以上の地域は東北地方がダントツで、非常に高い年収です。次に年収1700万円~1900万円の層に九州、北海道、関西、中国。年収1400万円~1600万円の層に関東、中部となります。

勤務する地域を変えるだけでも年収を大きく変えることができるとも言えます。

美容皮膚科医師の年収には表れない開業医、勤務医のメリット、デメリット

ここまで年収にスポットを当ててお話ししましたが、この収入には表れない開業医、勤務医のメリット、デメリットにも触れてみたいと思います。

開業医のメリット

  • 自分の求めるクリニック像を実現できる。
  • 集患次第で収益を大きく伸ばすことができる。

開業医のデメリット

  • マネジメントなど医療以外の業務が発生する。
  • 人材の確保や人件費が発生する。
  • 最新の勉強などを自ら進めていく必要がある。
  • 集客に掛かる費用が発生する。

勤務医のメリット

  • 医療業務に集中できる。
  • 最新の情報勉強会を行っている。
  • 収入が安定している。

勤務医のデメリット

  • 開業を考えた場合、マネジメントスキルなどを学ぶ機会が少ない。

このような面も結果的には収入を大きく左右することを意識するのも大事ですね。

美容皮膚科の大手クリニックであれば医師の年収2000万円を越えるところも

大手クリニックであれば、勤務医でありながら開業医と同等の年収2000万円以上を実現するクリニックも出てきます。

地域による年収差も無く、勤務医と同じメリットを得ることができるのが大きな魅力です。

また、マネジメントを学ぶ機会を設けているところなどもあります。

転職にあたっても見学会を行い迎え入れるなど、こんなはずではなかった…とならない体制づくりに取り組んでいる大手クリニックは多数あります。

大手勤務医のメリット

  • 年収2000万円以上のクリニックもある。
  • 地域による年収差が少ない。
  • 最新の情報を学ぶ教育体制が整っている。
  • 様々な施術スキルを学ぶ機会がある。
  • 知名度があるため集客負担が少ない。
  • マネジメントスキルを学ぶ機会を設けているクリニックもある。

美容皮膚科の医師年収平均よりも高く、多くのスキルを学べる大手クリニックが転職先として人気があるのは、このような背景もあります。

ドクターコネクトでは、今回紹介しました年収2000万円を越える求人情報も全国規模で網羅。見学会のご案内も揃えております。

また、転職を考えている医師の方にとって毎日忙しい中求人情報をチェックすることは難しいと思います、ドクターコネクトでは専属の転職エージェントがヒアリングを行い希望に沿う求人をご案内しますのでぜひご相談ください。

おすすめの記事