医師がトラブルなく転職を成功させるためには?

医師の転職が他の業界と大きく異なる点は、「転職活動にあてる期間の長さ」です。現在の職場に退職の意思を伝えてから実際に退職するまでにかかる期間は、他業界の場合、1~4か月程度のケースが大半となります。

しかし、医師が転職する場合、1~4か月程度で円満退職することは困難です。トラブルなく転職を成功させるためには、適切な退職から転職までの期間を知り、スケジュールに合わせて転職活動を進めなければなりません。

この記事では、「医師の転職にかかる平均的な期間」と「スケジュールに沿った具体的な転職活動」について、ご紹介します。

1.転職にかかる期間は平均3か月~半年

転職にかかる期間は平均3か月~半年

医師の転職は、所属する医局との関係や担当する患者の数など、多くの要素によって計画性が求められます。ある日突然、「来月で辞めます」と言っても、円満退職することは不可能です。

患者への責任を果たして円満に退職し、希望どおりの転職先で新しいスタートを切るためには、適切なタイミングで行動を起こさなければなりません。
そのためには、短くとも3か月~半年は転職活動に期間を費やすと考えましょう。仮に担当する患者の数が少ない場合でも、患者の命を背負う医師の転職には数か月の期間を要すると考えて行動するべきです。

1-1.一般的な転職と比べると活動期間は長い

一般的な転職と比べると活動期間は長い

全国的に医師不足が叫ばれている中、医師の需要はどの地域であっても高く、転職先に困ることは、ほぼないでしょう。しかし、高い需要がありながらも、「即時採用で来月より勤務開始」となることはありません。

他業種の場合、転職にかかる期間は1~4か月が平均です。法律的には退職希望日の2週間前に退職の意思を伝えることと定められていますが、引継ぎなどの業務により、最低1か月程度かかるケースが多くあります。

医師の転職では、さらに2か月以上かかるケースが一般的です。医師の転職では平均的に、3か月~半年と他業種に比べて、3倍以上の長い期間を転職活動に費やすこととなります。主治医として見ている患者の数や状態によっては、引継ぎ業務でさらに長期化することも少なくありません。

1-2.活動期間が長期化してしまう原因

現在の職場が多忙であるため、転職活動が思うように進まず、当初の想定よりも長期化するケースがあります。多くの医師が忙しい合間をぬって転職活動を行うために、医師専門の転職エージェントなどを利用しますが、引継ぎ業務でかかる時間など短縮できない部分もあるためです。

また、転職期間の長期化要因は、現在働いている職場の忙しさだけではありません。転職先が多忙で採用スケジュールが後ろ倒しとなることで、転職活動の期間が長期化します。
採用後のミスマッチを防ぐためには、院内見学や希望条件のすり合わせが必要です。双方とも多忙な医師と病院のスケジュールを調整すると、採用までにかかる期間の長期化は避けられません。

1-3.転職の鍵は時間軸を優先すること

転職することを第一の目標とする場合は、勤務条件などについて多少の妥協を視野に入れた方が、計画を進めやすくなります。例えば、現在の職場と比較して、ある程度満足できるところから採用を得た場合は、「次はもっと良い求人があるかも」とは考えずに、転職を決めることです。

また、早期の転職を希望する場合は、妥協のラインについて勤務条件だけではなく、時間軸も考慮しましょう。転職を行うと決めた時に、「いつまでに転職するのか」を具体的に設定することで、「転職するための準備」や「決断のスピード」を早めることが可能です。

2.医師が転職するタイミングとスケジュール

どの地域・診療科においても需要の高い医師ですが、年収など条件の良い求人を望む場合は、転職するタイミングを重視すべきです。医師は、他業種と異なり長期間の戦いとなるため、ベストなタイミングから逆算して退職の意思を現在の職場に伝えなければなりません。

ここでは、「多くの医師が転職する時期」や「転職活動中のスケジュール」について、ご紹介します。

2-1.医師の転職にも時期がある

医師の転職にも時期がある

医局が新年度の人事異動に向けて体制を整え始める時期が、年末から1月ごろです。そのため、人事との衝突を防ぐためには、年度終わりや年度始まりを避け、年末や1月ごろから転職活動を始めましょう。

実際、1月ごろから転職活動に入る医師は多く、主に以下の時期から転職活動を始める医師が増加します。

主な転職活動の開始時期

  • 1月
  • 3月
  • 6月~8月
  • 10月

共通する傾向としては、大型連休(ゴールデンウィークや年末年始)の前は多忙となりやすく、転職活動を新たに始める方は多くありません。

転職活動が実を結び、転職先が決定する時期としては、1~4月と9~12月が多いです。一方で、5月ごろから夏にかけては少ない傾向が見られます。また、実際に勤務が開始するタイミングは、新年度が始まる4月がほとんどです。

転職先への勤務開始時期は4月に集中していますが、早い方は前年度の夏ごろから転職活動を始めています。このことから、少しでも条件の良い求人を望む場合は、早い段階で行動に移りましょう。

「具体的な転職時期」や「転職そのものを行うか否か」を決定していない方も、医師専門の求人サイトなどに登録して、相談から始めることがおすすめです。

2-2.スケジュールの立て方

転職までのスケジュールは、120~200日前後の日数を逆算して計画しましょう。転職活動の主な流れと目安の期間は、以下のとおりです。

転職活動の主な流れと目安の期間

  • 0日目…転職支援サービス会社へ登録
  • 5~15日目…担当コンサルタントと打ち合わせ
  • 5~30日目…求人情報の選定・応募
  • 30~60日目…見学・面接
  • 60~90日目…条件交渉・合意書の締結
  • 120~200日目…退職意思の伝達・引継ぎ・退職手続き・新職場で勤務開始

転職エージェントでの打ち合わせによって、希望する条件や待遇を絞り込みますが、事前に自分自身である程度まとめておくと、スムーズに進みます。
転職活動の途中ですが、3か月以上前を目安に、現在の職場に退職の意思を伝えることも忘れてはなりません。担当する患者が多い方や引継ぎに日数がかかる業務を担当している方は、上記の目安期間よりも早めに退職の意思を病院に伝えましょう。

3.医師が転職で成功するためのポイント

医師は、非常に高度な知識と技術を持ち、人の命を預かる重い責任のある仕事です。そのため、他業種と比べて転職活動を行う時には、いくつか注意すべきポイントがあります。

ここでは、転職してから後悔しないように、転職活動を始める前に意識しておくべきポイントを2つ紹介します。

3-1.何のための転職か、自己分析と優先順位をつける

何のための転職か、自己分析と優先順位をつける

多忙な医師の中には、毎日の業務に疲れ、漠然と転職したいと考えている方も多いのではないでしょうか。人間関係や職場環境を理由に転職することは、決して悪いことではありません。しかし、医師の転職において重要なことは、「転職の最終目標を何に定めるか」です。

まずは、何のために転職したいと考えているのか、自己分析します。「報酬や職場環境の良さ」だけではなく、「転職先で何を行いたいのか」を明確化することが大切です。

転職先で何を行いたいのか明確化する

  • 開業資金を貯めたい
  • プライベートと両立させたい
  • もっと多くの症例を体験したい
  • キャリアを活かせる医療施設で働きたい

上記ように、明確化された目的に沿って求人情報を吟味すると、採用後のミスマッチを防げます。面接時の志望動機や転職理由を考えることにつながるため、ただ漠然と辞めたいという気持ちを持つのではなく、「なぜ辞めたいと思ったのか」の自問自答から始めましょう。

3-2.退職交渉の重要性を知る

退職時には、現在の職場から引き留めが行われることが多いです。引継ぎの手間や次年度の人事、医局長など周囲への影響について言及されることもあるでしょう。特に高度な技術や知識、実績が第三者的に認められている専門医の場合、患者を理由に引き留めようとする職場もあります。

「患者さんはどうするつもりですか」と良心に訴えかけられると、申し訳なさを感じ、転職時期を延期しようと考えてしまうかもしれません。しかし、引き留めに応じると、その後ますます転職しづらくなります。退職希望者の引き留めは多くの病院で行われるため、ある程度の精神的な辛さは覚悟しておくべきです。

また、退職時の引継ぎ作業は、現在の職場に残る医師や看護師たちがスムーズに仕事ができるように、手を抜かず丁寧に行いましょう。医師業界は狭い世界であるため、適切に引継ぎ作業を行わず、他の医師に迷惑をかけてしまうと、自分に悪い評判ができてしまう可能性があります。引継ぎ作業をしっかりと行い、退職日まで周囲への配慮を忘れないようにしてください。

まとめ

医師の転職は、3か月~半年程度の期間をかけて行うことが一般的です。前職での引継ぎや転職先との条件交渉によっては、さらに長期化する場合もあります。

そのため、漠然と転職したいと思ったタイミングに転職活動を始めるのではなく、退職・転職のスケジュールから逆算して、最適な時期に転職に向けた行動を始めるべきです。
現在の職場や転職先のスケジュールを考慮して、転職を希望する方は、早めのスケジュールで余裕を持って行動に移りましょう。

おすすめの記事