美容皮膚科に興味がある医師必見!男性美容医療の先駆け『ゴリラクリニック』独占インタビュー

近年、男性向け美容医療の認知度・人気は高まりつつあり、業界も好調となっています。その中でも男性美容医療の先駆けであり、現在急成長中の「ゴリラクリニック」医師転職支援のドクターコネクトが独占インタビュー!
総院長が医局を離れて思ったことや実体験に、採用担当者が求めている医師像美容皮膚科医の勤務状況について詳細を伺いました。美容医療を希望される方、美容皮膚科に興味をお持ちの方は転職する際の選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。後編では、総院長 稲見様にお伺いしたインタビューをお送りいたします。
 

美容医療への転機

稲見総院長学生の頃の実習で、何科を選択するかの消去法でしたね。その中で、最後まで悩んだのが麻酔科と形成外科でして、どちらも魅力的な科でしたが、特に形成外科に魅力を感じました。
後に私の上長になる方で、乳癌の痕を治すいわゆる「乳房再建」の手術を主にやっている先生がいらっしゃいまして、若くして胸がなくなってしまった患者さんの術後の姿を見たときに、見分けがつかないような綺麗な手術でした。
 
それを見た時に「これは素晴らしい」と思ったのが、美容医療に興味を抱く最初の切っ掛けになりました。 
形成外科に入局し仕事が始まりますと、理想と現実を得ていく中で、美容外科・美容医療に対する興味が募ってきたのですが、当時はまだ美容医療に対するイメージが今ほど芳しくなく、大学などでは受け入れ難い時代でした。
 
私が所属していた形成外科の医局では美容外科に触れる機会があまり得られず、一念発起し美容の世界に飛び出して行こうと決心しました。
 

医局を離れて感じたこと

吉澤医局を離れて美容医療を始めるにあたり、当時は悩まれた時期や苦労された時期などありましたでしょうか?
 
稲見総院長むしろ今それを感じていることの方が多かったりします。
これは私自身の持論ではありますが、これを形成外科の先生に聞かれると怒られちゃうかもしれませんね(苦笑)
 
形成外科的知識はあって損はありませんが、美容医療が扱うもの形成外科が扱うものとではそれほど被ってはいません。
重なる点はもちろんありますが、例えば形成外科というものがあり、その中に美容があるというイメージではないです。
 
具体的な話になりますと、例えば美容外科医としてある程度一端になると考えると、二重の手術、鼻を高くする手術、豊胸術、脂肪吸引、フェイスリフト、注入になります。
これらができると9割方カバーできると思いますが、いずれも形成外科の中ではそれほど行われないジャンルです。
 
特に一番多い手術として二重の埋没法がありますが、これも大学ではそれほど行いません。
形成外科の知識を生かして美容外科に使うということはできますが、形成外科ができれば美容は全く問題ないわけではありません。
 
私は形成外科の専門医を取らずに美容外科に来ましたが、切ったり縫ったりという技術を持っていたこともあり、それほど困ることはありませんでした。
ただ、逆に年月を経てゴリラクリニックで勤務する中で、やはり基礎が大事だなと思ったことはありました。
 
どのように切ってどのように縫うか、本当に基礎の基礎がやはり大事なんだなと思うことがあります。
 

 
吉澤美容医療を未経験の先生でより一番多くご相談いただくのは、もう少し医局にいた方がいいのか専門医を取得した方がいいのかなど、悩まれる医師が多いですが稲見院長の実体験は大変勉強になりますね。
 
稲見総院長意外とここが大事だなと思うことは、いわゆる自由診療・美容外科というのは医療でもありますがサービス業なんですね。患者さんが希望される施術に真摯に向き合い、医学を前面に出しすぎて正論で語ることはやってはいけません。
 
というのは患者さんが望むことの中には、「いやそれは医学的に最適解じゃないよ」ということもありますが、その患者さんがやりたい施術が明らかにデメリットにならないのであれば、「それはやってもいいと思いますよ」という一言が大切です。
私が良くファーストフード店で例えますが、私たちも食べに行きますよね?
 
注文した時に店員から「こんな不健康な物を食べるのではなく、もっと栄養価のあるバランスの取れた食事をしなさい」と言われたら嫌じゃないですか?
それは百も承知で、ジャンクフードを食べたいからお店に来て注文していますので、それと似通っているところがあると思います。
患者さんがやりたい、こういう風にしたいという話をきちんと受け止めた上で、治療はこういうものがあると提案する。
 
それに対してはメリットとデメリットがありますので、一緒に考えてコミュニケーションを取るというのが凄く大切なことになります。
形成外科で経験を積み、専門医も取得して「よし、じゃあ美容に行こう!」という中には、なんでもできるとお考えの先生もいらっしゃるような気もしますが、実はそこで大事なことは患者さんの立場になって考えられるホスピタリティと、そのような精神があるかどうかというところです。

自由診療に対する意識や認識といいますか、技術だけではなかなか上手くはいかない部分もありますので、逆に美容クリニックに勤めていることを負い目や引け目に感じる必要はないと私は思います。

 
吉澤医局でも患者さんに接する機会は非常に多いと思いますが、ホスピタリティなど学べないところになるのでしょうか?
 
稲見総院長うーん、大学病院の忙しい中で、一人一人の患者さんに20分、30分というような時間を割いて話ができるのか事実問題難しいと思います。
もちろん、それを取り組んでいる先生もいらっしゃると思いますが、外来もたくさん来る中で、一人一人にボリュームは掛けられないのが現実ですし、もう少し話したいという患者さんがいても難しいことが多いと思います。

専門医、認定医など美容医療に必ず必要か

稲見総院長私自身が取得していませんので、なかなかそこに対してとった方が絶対いいとは言い難いですが、先ほども申し上げたとおり持論としてはそこまで固執しなくていいとは思います。
 
ただ、実際問題として大学を離れてしまうと今まで当たり前にできていたことができなくなってしまったり、大学で扱うような手術ですとか、調べもの一つでも結構大変だったりします。
いきなり医局を抜けてしまうというよりかは、大学と上手に関係を築きながら美容の世界に来るというのもいい事だと思います。