美容皮膚科に興味がある医師必見!医師がもっとも勤務したい人気美容クリニックは「美容皮膚科クリニック」

近年、男性向け美容医療の認知度・人気は高まりつつあり、業界も好調となっています。その中でも男性美容医療の先駆けであり、現在急成長中の「ゴリラクリニック」医師転職支援のドクターコネクトが独占インタビュー!
総院長が医局を離れて思ったことや実体験に、採用担当者が求めている医師像美容皮膚科医の勤務状況について詳細を伺いました。美容医療を希望される方、美容皮膚科に興味をお持ちの方は転職する際の選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。前編では、統括責任者 堀内様にお伺いしたインタビューをお送りいたします。
 

男性美容専門のゴリラクリニック開院背景とは?

堀内様元々は医療法人社団十二会 東京イセアクリニックがベースになっていまして、ハイブランドな美容外科クリニックでしたが、新しいことに取り組んでいこうという中で、男性美容に着目したのが切っ掛けでした。その中でも、当時はあまり着目されていなかった男性の脱毛に、フォーカスしてアプローチを始めました。

「ゴリラクリニック」名前の由来について

堀内様当初は男性が脱毛するという概念自体がまだ浸透していませんでしたので、インターネット上で広告を打ちましたが、「え?男性もやるの?」というところで想定とは違い、女性の反響が多く集まってしまいました。その時の対策で生まれたのが「ゴリラ脱毛」というネーミングでした。
 
男性向けの脱毛だけではアプローチが弱いということで、何かインパクトがあり、思わず男性がクリックし、逆に女性はしなくなるようなネーミングというところが切っ掛けです。
その後、「ゴリラ脱毛」で広告を打ち出したところ、非常に男性の反響も増えまして、その辺りからアンタッチャブルの柴田さんを起用したりですとか、堀江貴文(ホリエモン)さんなど、著名人の方々とも接点ができたというのもあり、徐々に知名度が上がりました。
 
「ゴリラ」というキーワードは、二枚目にも三枚目にもなりますし、少し笑いを誘うギャグ的な響きもあります。反面、すごくカッコいい二枚目なブランディングもできるという、実は割と絶妙なキーワードというところもありまして、ギャップが生み出すインパクト、というところで「ゴリラクリニック」となりました。
 
ギャグテイストもあり、ネット検索していただいた際に出てくるビジュアルやブランドイメージ、ブランドのインパクトというところで、より印象に残すことを図っています。
 
そのギャップによってゴリラクリニックを深く印象に残していただき、ふとした瞬間に「そういえばゴリラクリニックがあったな」というところに、持っていきたい戦略が背景にあります。
ただ、東京イセアクリニックは元々ハイブランドのイメージで打ち出していたのもあり、開院して1年目、2年目の時は反発があったのは事実です。
 
イセアクリニック所属からゴリラクリニック所属となったスタッフは、当初渋々という感じもありましたし、クリニックの名前を出すのが恥ずかしい、勤めていることを親や人に言いにくいという声もありました。未だに私も二度聞きされることはあります(笑)
ですが、今はそれを乗り越え、スタッフが「ゴリラクリニック」に誇りをもって勤務しています。

男性専門クリニックのメリット、デメリットとは?

堀内様良かったことは男性の患者様が、何の気兼ねもなく堂々とご来院いただけるということですね。悪かったことは正直あまり思い浮かばないですね。結論から言いますとメリットしかありません。
ただ、男性向けの美容クリニックは、やはり非常に難易度が高いことは事実だと思います。ゴリラクリニックは、男性美容のリーディングカンパニーとして最初にポジションを押さえることができたことや、総院長や優秀なスタッフにも恵まれたことで非常に幸運でもありました。