【美容医療辞典Vol.2】

”AGA(男性型脱毛症) 医師”の平均年収と仕事内容徹底解説

【他科比較】”AGA(男性型脱毛症) 医師”の平均年収と他科との年収差は?

<平均年収>
1900万円〜2500万円

AGAクリニック(男性型脱毛症)は自由診療がほとんどのため、他の内科・外科・皮膚科・耳鼻科・整形外科などの一般科目と比べて高い平均年収となっています。
AGA医師は施術範囲やスキルも比較的取得しやすく、オペスキルの研修が多い美容外科や注入必須の美容皮膚科に比べ転職しやすいとされています。基本1診制ですので院長職となり医師の年収は2000万円を超える場合が多くなります。植毛があれば形成外科医師・皮膚科・皮膚外科医師におススメですし、処方メインでしたら産業医や精神科・内科の先生に最適です。アルバイトも日給が8万円~10万円が相場になっております。
※1 クリニックの施術範囲によって年収に差があります。
※2 上記の年収統計は厚生労働省の労働白書を参考にしております。

【美容医療の仕事】AGA(男性型脱毛症)医師の主な業務とは?

自由診療のAGAクリニックは首都圏エリアには多く、各クリニックによって処方薬・医師施術範囲が異なります。男性への処方だけをおこなうクリニックもあるため、転職をお考えの方は求人の”業務内容”範囲をご確認ください。北海道・東北・四国・九州など日本全国に展開するAGAクリニックでは医師の業務はルーチン化され、カウンセリング・写真撮影・採血・処方などがあり特にストレスがかかる仕事というわけではありませんので、ゆっくり座りながら1日を過ごす、がつがつ働きたくない医師には最高です。将来のスキルが多く身につくわけではありませんので、後々経営者になる、医療法人の理事長になるなど手技とは別の目標を持っている先生には向いています。

■ カウンセリング(診察・問診)
 医師が頭髪・頭皮の状態や身体の健康状態を問診いたします。
また、お一人おひとりのお悩みや不安を直接伺いながら、より詳しい毛根・頭皮の状態を見るため、頭皮チェックを行います。
■ 治療薬処方(血液検査・AGA治療薬)
カウンセリング後に適切な治療薬を処方します。処方の前に血液検査をおこない、処方薬が体に与える影響はないかどうか判断のために検査をします。
AGA(男性型脱毛症)の治療薬にはさまざまな種類があり、効果や価格も様々です。
■ 皮下注射(プラセンタ注射)
プラセンタはアトピー性皮膚炎、花粉症の症状の改善や美肌、美白、アンチエイジング、コラーゲン生成のサポートなどの効果がある事が医学的にも証明されています。
プラセンタを頭皮に直接注入することで、発毛に有効的な成分を頭皮に100%届けることができます。施術は1時間ほどです。
自毛植毛
ATAS-アルタス-は、世界で唯一の自毛植毛機です。
植毛ロボットARTASは4つのCCDカメラが1秒毎に50回撮影し、髪の密度や本数などを正確に瞬時に算出し、採取部分が自然な仕上がりになるよう最適な間隔でドナーを採取します。
何万通りの統計データから、肉眼では確認できない皮膚下にある毛根の角度を計算し、毛根が切断されないよう的確にドナー採取を行います。
■ ローラー
薄毛対策に効果的な治療法として注目され、極微細なステンレス針がついたローラーです。
頭皮に直接刺激を与え、目には見えない無数の小さな穴を開けます。(針は角質層など表皮の層へのみ穿孔し、真皮までは到達しない長さとなっています。)
施術前には表面麻酔を使用する為、痛みは伴いません。又、施術により表皮に出来た穴は非常に小さなもののため、自然に治癒し、傷痕も残ることはありません。
増殖因が生まれ、新しい肌に入れ代わり、頭皮の若返りや血行を促進します。
■ その他(FAGA/ED治療)
クリニックによっては、AGA(男性型脱毛症)の他にも、FAGA(女性男性型脱毛症)やED治療も対応されています。
FAGAの治療はAGA同様、治療薬の処方・皮下注射・自毛植毛等があります。
ED治療は主に、カウンセリング・治療薬の処方をおこないます。

“AGA(男性型脱毛症)”医師求人はこちら

【ドクターの1日】”AGA(男性型脱毛症) 医師”の1日のスケジュールと流れ

① 出勤・患者様のご予約確認 (9:30〜)
出勤後、受付・看護師スタッフに挨拶し、1日のスケジュールやご予約の確認をします。
② 開院・カウンセリングスキンチェック・処方・施術 (10:00〜)
問診・カウンセリング・処方、通院の方へは発毛経過の頭部撮影等をおこないます。
また、自毛植毛に至っては医師一人が1日施術にかかりきりになることもあります。
③ お昼休憩・ご予約確認 (12:00〜) 
昼食や、午後のスケジュール確認を行います。
⑤ 退勤  (19:00〜)  
全ての処置を終え、退勤です。

“AGA(男性型脱毛症)”医師求人はこちら

【転職のススメ】”AGA(男性型脱毛症) 医師”転職に有利なドクターとは?

歓迎される"常勤(長期)"勤務希望
AGA医師は施術範囲やスキルも比較的取得しやすく、美容外科や美容皮膚科に比べ転職しやすいとされています。
その為、非常勤による一時的なアルバイト・スポットを求める医師が多い現状です。
しかし、悩みを打ち明け頼るべき担当医が通院ごとに頻繁に変わるというのは、クリニックの信頼に関わります。
クリニックは、常勤(長期)勤務を希望されているドクターを求めています。
▶"AGAクリニック"常勤(長期)転職のサポート無料相談はこちら

【美容外科転職をお考えの方】ドクターコネクトの求人・転職サポート相談について

「長期的にAGAクリニックで働きたい」、「収入を増やしたい」、しかし「勤務地や給与などの条件を上手く交渉できるだろうか?」「希望の仕事に就けるだろうか?」など、医師に限らず転職には何かと不安が付きまといます。
 
ドクターコネクトのキャリアアドバイザーは、転職する際に抱える不安や悩みを先生と一緒になって解消に導きます。

美容医療支援実績15年の当社では、数多くの優良クリニックとの信頼関係を築いています。ホームページでご案内している案件は、その内のほんの一部です。
ご登録いただいた先生には、ご希望や適正にマッチしたクリニックを厳選してご紹介いたします。
 
又、転職を迷われていたり、ご希望に叶う転職先が見つからなかったりする場合でも、焦らずじっくりと選んでいただけます。
ご登録後に、転職すること自体をやめる事も可能です。ご縁のあるクリニックが見つかるまで、私たちは医師本位の活動を応援しております。