【医局の退局】転職から考える“キャリアプラン”

所属している医局によっては医師のキャリア構築が難しく、大きな悩みとなっているケースも多く見受けられます。思うように医師としてキャリアを積むことができない収入が増えない自由時間が少ないなど、医員ならではの職場への不満や不安が美容医療への転職のきっかけとなっているようです。

よく聞かれる、医師のお悩み

■10年後、15年後の年収やポジションが予測できてしまう
■経験を積みたくても難しい手術や症例が回ってこない
夜勤・当直・オンコールなどで、時間的、精神的な負担が大きい
■人事異動で望まない場所への転勤がある
■医局内の人間関係に悩んでいる
■救急の対応に追われ、精神的、肉体的に疲れ切っている

 
美容医療業界への転職は、これらのお悩みを解消し、充実したキャリアプランを築くための一つの選択肢です。
 
美容皮膚科や美容外科でご勤務されている医師には、自分らしいライフスタイルを大切にしながら仕事のやりがいを感じている医師や、年収アップを実現している医師が多数いらっしゃいます。
 
ここでは、実際に美容皮膚科・美容外科へ転職された医師の実例をご紹介します。転職前に診療されていた科目はさまざまですが、美容医療業界へ転職したことでいきいきと勤務されています。
  

美容医療業界への転職 成功事例

『Dr.connect事例❶』
脳外科 年収1,200万円➡美容皮膚科 年収1,900万円
『Dr.connect事例❷』
内科 年収1,200万円➡美容皮膚科 年収2,400万円
『Dr.connect事例❸』
健診医 年収1,000万円➡美容皮膚科 年収2,200万円
『Dr.connect事例❹』
形成外科 年収1,200万円➡美容外科 年収2,000万円
 

医師も自分でキャリアデザインする時代

かつて医師は医局で経験を積むのがあたり前でしたが、現在では医師の働き方は多様化してきています。
民間経営のクリニックで勤務するのも一つの働き方です。収入やスキルアップの面では美容クリニック勤務の方が有利なケースが多く、残業の少なさや休日などはむしろ多いケースが殆どです。
 
美容医療は病気の治療とは異なり、ゼロをプラスに変える医療と言われています。患者様から直接感謝の言葉をかけられ仕事の成果を実感することができる点では、内科や外科などの保険診療に比べやりがいを実感しやすい傾向にあります。
 
また、成果が評価に直結するという点でも、モチベーションアップにもつながります。
 
美容外科、美容皮膚科はコミュニケーションを取りながら、美容クリニックを希望する方の期待に応えていきたいという意欲のある医師におすすめです。
 
サービス精神に加え、手技のスキルを磨いてその道のスペシャリストになることも可能になり、経営ノウハウを身に付け開業する道もあります。さまざまなキャリアパスが用意されている美容皮膚科、美容外科も、転職の視野に入れてみてはいかがでしょうか。

円満退局へ向けて、ぜひご相談ください
医師が転職を決意したとき、ネックになるのが退局(退職)です。医局とトラブルになることを避けるため、転職を取りやめてしまう医師もいらっしゃいます。しかし、転職は医師のキャリアにとって重大なチャンスになり、人生が左右されてしまうと言っても過言ではありません。チャンスをしっかりと掴めるよう、キャリアアドバイザーがご転職を支援をいたしますので、ご不明、ご不安なことはご相談ください。

退局時のお悩み事例

退局(退職)できるのか不安
退局(退職)の意思を誰にどう切り出していいかわからない
退局(退職)の意思をいつ伝えるべきかわからない
退局(退職)のタイミングはいつがいいのか
退局(退職)意思の上手な伝え方を知りたい
退局(退職)から次の勤務先までのスケジュールが知りたい
退局(退職)の意思を伝えたら、口論になってしまった
退局(退職)の意思を伝えた途端、嫌がらせを受けるようになった

ドクターコネクトの求人・転職サポート相談について

一番大切なのは、退局から入職まで余裕をもったスケジューリングをすることです。およそ半年から1年ぐらいが目安です。スケジューリングからはじまり、ご不安に思われることやご不明点について、キャリアアドバイザーが一つひとつ丁寧にご説明いたします。
 
万が一トラブルとなってしまった場合でも、退局を諦めずにご相談ください。円満退局に向けて、一緒に寄り添い転職のお手伝をいいたします。