笑顔でパソコンに向かう女性

コロナウイルスの感染拡大により、急速に増えているオンライン面接。美容外科や美容皮膚科の求人においても、「オンライン面接を実施」「WEB面接可能」という案内が目立ってきています。

普段からZoomやTeamsなどを使っている方でも、苦手意識があるツールだったり初めての転職の面接だったりすると、戸惑うもの。面接ならではの対応の仕方や、対面とオンラインの違いを把握しておかないと、思わぬ失敗をしてしまうリスクがあります。

大事な面接で後悔しないために、オンライン面接で押さえておくべきチェックポイントを紹介します。

当日までに済ませておきたい…医師ならではのオンライン面接準備

オンライン面接は「訪問しなくてもいい」という気楽さがあり、当日になって「準備ができていなかった…」などと慌てることになりがちです。後悔しない面接にするためには、当日までにしっかり準備を済ませておく必要があります。オンライン面接当日までに済ませておきたい医師ならではの事前準備を紹介します。

オンライン面接の条件を確認

オンライン面接に対する医療機関のスタンスはまちまちです。積極的に推奨している医療機関もあれば、相談があれば検討するというところもあります。経験者に聞いてみると、「直前になって行き違いが発覚し、落ち着いて面接に臨めなかった」という声もあるようです。求人情報をしっかりチェックして、対応時間、使用ツール、その他条件を確認しておきましょう。

通信機器の準備を済ませておく

オンライン面接で指定されたツールが正しく起動するか、カメラの画質や音質が整っているか、必ず確認しておきましょう。ネットワーク環境が良いことも、必須条件のひとつです。当日、ネットワークトラブルがあった際に適切な対応ができるよう、先方の電話連絡先を確認しておくとよいでしょう。

明るく印象よく見える背景や身だしなみ

オンライン面接は、対面の面接と違って雰囲気や印象が伝わりにくいため、表情がクリアに見える背景を用意し、明るく清潔感のある身だしなみを心がけましょう。映像を通して伝わる雰囲気、声のトーンや話し方によって、印象は大きく変わります。生活感が伝わってしまう背景や雑音は面接の妨げになるので、白い壁がある自宅の部屋、オフィス、レンタルスペースがベターです。

雰囲気を明るくするために、デスクライトなどの照明を利用するのもひとつの手です。健康でポジティブな印象を与えるべく、顔色やトーンが暗くならないように工夫しましょう。対面の面接と同様に、オンライン面接でもスーツを着用しておくのが無難です。普段、患者様に接する際の服装と話し方で、落ち着いて対応できれば信頼感を得られるはずです。

オンラインでは伝わりづらい「人柄」を言葉で伝える

多くの採用担当者が重視する最初のポイントは「人柄」です。「患者様にどのように接しているのか」「相手の質問の意図を汲み取ることができるか」など、コミュニケーション能力とともに人物をチェックしているとのこと。美容医療業界は、患者様に対する施術前の説明と合意形成が非常に重要なので、明快なコミュニケーションと関係構築ができる人材かどうかが合否の分かれ目になります。

オンライン面接は、画面というフィルターが入るため、雰囲気、物腰、ニュアンスが伝わりづらいものです。直接話している時は、理解されて当たり前と思うようなことでも、簡潔に理由を添えたほうが人柄や考え方が伝わります。

志望動機や医療に対するスタンスを明確にしておく

面接を受ける医療機関に対する理解度を高めておかないと、志望動機が弱いと見做されてしまいます。なぜ美容医療なのか、どこに着目して転職先の候補を選んだのかを明確にしておきましょう。また、医療に対するスタンス、医師としての志などについて聞かれた際に、的確に答えられるようにしておくことも大切です。

医師のオンライン面接は、話し方と振舞いに要注意

オンライン面接が怖いのは、音声が聞き取れなかったり、早口になりすぎたりしても、対面とは違って相手の反応がわかりづらいために気づけないことです。 知らず知らずのうちに評価を落としてしまわないよう、医師のオンライン面接における話し方と振舞いについて解説します。

「ゆっくり」「はっきり」「落ち着いて」話すことが大事

普段の診療以上に「ゆっくり」「はっきり」「落ち着いて」を心がけましょう。肉声と違って、オンラインははっきり伝わらないと肝に銘じて、スピードを抑えながら一言一句明瞭に話しましょう。

質問の意図を把握できなかった時や、答えられない内容だった時は、率直にその旨を伝えるようにしましょう。しどろもどろになったり、早口になったりするより、わからないことはわからないとはっきり伝えるほうが好印象です。

姿勢や身振り手振りなどの振舞いに要注意

オンライン面接は全身が見えないので、印象を左右するのは表情と姿勢、身振りです。猫背になったり、うつむき加減の姿勢が続いたり、椅子にもたれかかっているように見えたりすると、印象が悪くなってしまいます。肩と画面が平行になるようにまっすぐな姿勢で座るようにしましょう。

姿勢に加えて、カメラと距離を取るのも大事です。顔がアップで映し出されたり、身振り手振りが多すぎて落ち着きがないと取られたりするのは好ましくありません。手の位置を決め、肩の力を抜いて話すことを意識しましょう。

オンライン面接のありがちトラブルと対処法

オンライン面接のハプニングといえば、やはり通信トラブルです。こちらが問題なくても、先方に発生することもあるので、あらかじめ対応の仕方を決めておいてください。メールや電話で迅速に連絡をとるのが基本ですが、「いつ、どの話から聞こえていなかった」と具体的に伝えると、話がスムーズになります。

Zoomなどのビデオ会議ツールを使い慣れていない人は、想像以上に電力を消耗すると心得ておきましょう。オンライン面接の途中でバッテリーが切れてしまうトラブルを避けるべく、フル充電のPCを使用するか、電源に接続したままのPCで実施するようにしましょう。

「採用」「転職」…医師もクリニックもめざすゴールは同じ

オンライン面接という機会を通じて転職・採用を決めるという点で、面接を受ける医師も採用担当者も目指すゴールがあります。採用担当者に評価されるためには、転職したい医療機関に対する理解があると認識してもらわなければなりません。ホームページを読み込んで、ベーシックな情報を押さえるのはもちろん、経営理念や方針までしっかり理解しておく必要があります。

「独力で理解を深めるのは難しい」「表に出ている情報だけでなく、内情まで把握したうえで面接に臨みたい」という人は、美容医療業界と個々のクリニックに精通した転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。それぞれのクリニックの採用基準から面接のノウハウまでトータルにサポートしてくれる存在がいれば、慣れないオンライン面接で失敗せずに済みます。

まとめ

オンライン面接は、医療業界でも急速に定着していくことが予想されます。機器の入念なチェックや身だしなみ、話し方、振舞いなど、オンライン面接のチェックポイントをひととおり押さえたうえで、落ち着いて当日を迎えたいものです。

美容外科や美容皮膚科で診療にあたった経験がない医師を採用するクリニックは、コミュニケーション力や適性、信頼感を重視する傾向がより強いといえます。自分の長所を面接でアピールできるかどうか不安がある人、オンライン会議ツールに対する苦手意識がある人は、転職エージェントを利用して悔いのない転職活動にしていただければと思います

美容医療業界を専門とするエージェント「ドクターコネクト」は、求人の紹介から面接対策、転職後のフォローまで一気通貫でサポートを行っています。美容医療業界に興味がある人、万全の準備で転職活動を進めたい人は、ぜひエージェントにご相談ください。

採用面接で合格する医師、不合格の医師の違い

採用面接で合格する医師、不合格の医師の違い

この数年、美容医療業界は医師の採用と離職防止に努め、その結果、応募者の多い人気エリアは徐々に医師が充足しつつあり、採用基準も高くなってきています。10人面接して1~2人しか採用しない大手クリニックも出てきています。

採用になった医師は何が評価されたのか、不採用になってしまった医師は何が足りなかったのか。

それは経歴などではなく、美容クリニックの経営理念を理解しているか患者さんをお客様として接することができるか美容医療を志す意思をしっかり持っているか、などです。

ドクターコネクトは業界実績17年、数多くの医師転職をサポートし採用面接に同席してきました。ただ求人をご提案するのではなく、「採用面接で合格する」ことを重要課題として取り組んでおります。ご入職後のアフターフォローもしっかり行い、PDCAサイクルを繰り返すことで得た長年のノウハウがございます。

内定率をより高めるために、ぜひ医師転職支援サービスをご活用ください。

おすすめの記事